【療術師が伝授】足首の捻挫~股関節の歪み~辛い腰痛!負の連鎖を絶とう!

腰痛 女性

腰痛の原因として、股関節の歪みが挙げられることがあります。股関節の歪みを解消することで腰痛を改善することが期待できます。

もとをたどると、足へのダメージが腰痛の原因となってしまうことがあります。腰と足という別々の部位、一見無関係そうですが、ダメージが伝染するほど密接に関連しています。あなたのその腰痛は足へのダメージから引き起こされた股関節の歪みが原因という可能性はありませんか?

当てはまる方は、足のダメージ修復を行い、のちに股関節の歪みを解消するストレッチをして、辛い腰痛を和らげていきしょう。今回はその一連の方法をご紹介します。

腰痛の原因!足のダメージが股関節を歪ませる

Pain in the left side of the body. A girl in white panties.

http://www.healthista.com/4-common-causes-joint-pain-prevent/

今回紹介する腰痛の原因の1つ、股関節の歪み。これは足へのダメージから引き起こされることが多いです。

説明にあたって、まず最初に足の関節を書いておきます。1)足の指関節、2)足首関節、3)膝関節、4)股関節があります。次に本題の股関節について詳しくお伝えします。

大腿骨の先端に大転子という球形の骨があります。この大転子が骨盤に入り込んでいるのですが、この大転子と大腿骨を繋いでいるのが股関節です。足が正常であれば股関節も正常です。股関節が正常であれば大転子も正常に動きます。その球形の大転子が正常に動けなくなるのは足がダメージを受けて股関節に歪みが出来るからです。その足のダメージはいろいろとあります。例えば骨折、捻挫、打ち身などです。今回はこれらの中から足首の捻挫を例にして、説明をしていきます。

足のダメージの代表例!足首の捻挫

足首 ねんざ

http://www.iwalk-free.com/injury-resource-center/ankle-sprains/

足首の捻挫(ねんざ)は股関節の歪みの原因になります。

1)足首の捻挫をすると歩き方が不自然になります。

足首の痛みを和らげるために、足の親指側か小指側に足の甲が傾いて歩くようになります。要するに歩く時、足(脚)の裏が地面に水平に着けなくなります。

2)1)の歩き方で、足(脚)が外向き(O脚)か、または内向き(X脚)になります。すると膝に負担が掛かり、その上の股関節にも負担がかかります。膝の場合は変形性膝関節症の原因になります。その結果として股関節も歪んできます。股関節が歪むと大転子が正常に動かなくなります。

3)骨盤の中の大転子と直接繋がっているのは股関節です。大転子は球形の骨ですから足が外向きにも内向きにも自由に動くことが出来るわけです。ところが足首と膝関節と股関節に歪みが出来ると、足の動きが偏った動きしか出来なくなります。

4)上の1)から3)までの経過の結果、足の動きが左と右では違ってきます。すると骨盤の動きが不自然になり腰痛を起こす原因になります。

上のような手順で腰痛の原因を検証してみますと、足首の捻挫を修復することが最大のポイントだということが分かります。

ツボ押しが効果的!まず足首の捻挫を修復しよう

%e8%b6%b3%e3%80%80%e3%83%9e%e3%83%83%e3%82%b5%e3%83%bc%e3%82%b8

内踝(ウチクルブシ)の下にある経穴(ツボ)は下の通りです。

1)内踝の丸い骨の真下を親指の腹で2ヵ所から3ヵ所を押してみてください。一番痛いところがポイントです。その痛い処を5秒位親指の腹で押して静止します。5秒位したら親指を離します。この押しては離す動作を10回位繰り返します。

2)捻挫をした方の足首を左、右と5回から10回位くるくると優しく回して下さい。

足首の次は股関節の修復です。その方法を次に書きます。

股関節の歪みを修復するストレッチ

%e5%a5%b3%e6%80%a7%e3%80%80%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%83%e3%83%88%e3%83%8d%e3%82%b9

足首を修復させたら、ようやく股関節の歪みの解消に取り掛かります。効果が期待できるストレッチをご紹介します。

1)捻挫をした方の足の膝を立てます。その膝を両手で抱えます。

2)抱えた膝を真直ぐお腹に着けるように引き寄せます。

3)次はお腹の内側に引き寄せます。

4)次はお腹の外向きに引き寄せます。

5)2)の真直ぐと、3)の)内向きと、4)の外向きの三方向に引き寄せた時、一番引き寄せやすい方向はどちら向きでしたか。それを覚えておいてください。

6)一番引き寄せ寄せやすい方に引き寄せて、引き寄せたまま一旦そこで静止したまなで二秒から三秒のタメをつくります。それから引き寄せてタメていた足に少し力を入れると同時に手を緩め足を一気に伸ばします。この動作を5回から10回位繰り返します。

7)上の一連の動きは、力一杯するのではなく、気持ちがいい程度にして下さい。

8)この動作の結果をテストしてみましょう。 最初に一番引き寄せ難かった方に引き寄せてみて下さい。動きやすくなっているはずです。もしあまり変わりがない時は5回位追加して行ってみてください。

※まっすぐと、内向きと、外向きの三方向に同じように動くようになることが、股関節が正常になったという証です。毎日、続けると腰痛が軽減されてきます。入浴後の習慣にしてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする