【キレイの秘訣】リンゴ酢の効果効能は絶大だった!?美味しい飲み方と適量を紹介

apple-cider-vinegar

お酢が体にいいってよく聞きますよね。そんな中でも特にりんご酢は、マドンナやレディー・ガガが愛飲しているということで話題になっています。

よく聞いてはいても、実際にどんな効果があるのか分からないなんて思っている方も多いと思います。一時ブームになったリンゴ酢は、まだまだ根強い人気を誇っています。そんなリンゴ酢の効果と美味しい飲みかたをご紹介します。

リンゴ酢の効果・効能は?

血糖値の急な上昇を防ぐ

フォーク 食べ物 油 女性

血糖値を下げるためにインスリンは分泌されますが、そのときインスリンは血液中から糖を排除する働きをして血糖値を下げます。しかし、血液から出された糖は体外に出ることなく脂肪として蓄えられてしまうことになります。このことからインスリンは脂肪ホルモンと呼ばれています。

食後の血糖値の急な上昇を防ぐことでインスリンの分泌が抑えられるため、結果的に脂肪を蓄えることを避けることが出来ます。

また、りんご酢に含まれるクエン酸は脂肪をエネルギーに変えてくれます。

美肌効果

woman-portrait-girl-cute

非常に壊れやすい成分であるビタミンCを守る成分や、ビタミンCを壊してしまう活性酸素を減らすクエン酸が含まれているため、美肌効果が期待できます。新陳代謝も上げてくれるため、肌のターンオーバーが活性化し、アンチエイジングにも効くと言われています。

そのほかにも、便秘解消むくみ解消疲労回復高血圧解消など様々な効果が期待できます。

リンゴ酢1日の適量は?

お酢の1日の適量は15~30㏄(大さじ1~2杯)と言われています。お酢は刺激が強いため、飲みすぎると胃があれてしまいます。特に空腹時や小さい子供が飲む場合には注意しましょう。避けるのがベストです。

また、飲みすぎは冷え性を促してしまうことがあります。もともとかなり冷え性だと感じている方は、お湯割りなど温かい飲みかたがおすすめです。

イチオシは牛乳!美味しい飲み方特集!

はじけるりんごの香り!炭酸割り

cider

りんごのさわやかな酸味と炭酸ってあいますよね。りんご酢を入れ過ぎないように注意しながら作りましょう。食事の30分前に飲んでおくと、空腹感が和らぎ、食べ過ぎを防止してくれる効果が期待できます。

ほっこりお湯or紅茶割り

female-drink-coffee

寝る前にリンゴ酢のお湯割りでぽかぽか温まりましょう。そのままの味よりさらに工夫したい方は、紅茶にリンゴ酢を混ぜるのもおすすめです。紅茶はカフェインが含まれているので、寝る直前に飲みすぎるのは注意しましょう。

ミルクでとろ~り!牛乳割り

milk-crown

牛乳 120cc
リンゴ酢 大1
はちみつ 大1

りんご酢の酸味が苦手な方、なんでも牛乳割りにしたくなっちゃう人はこちらがおすすめです。上記を混ぜ合わせれば、まろやかな風味のりんご酢ミルクの完成です。美味しすぎるとネットで話題です。はちみつを入れ過ぎないように注意してください。

いかがでしたか?ダイエットを目的として、りんご酢を飲むなら筋トレや有酸素運動などを合わせて行いたいですね。おいしいりんご酢を飲んで、綺麗な体を目指しましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする