ダイエット中にキャラメルやキャラメル系スイーツを太らずに食べる方法

ダイエット中でも、

「キャラメルが食べたい!!」

「キャラメルを貰ってしまったけどどうしよう…食べてもいいのかな」

なんてことありますよね。

実はキャラメルはダイエット中に食べるのはNG。太りやすい要素を持っているからです。

しかしそんな太りやすい要素を持っているキャラメルも食べ方に気をつければダイエット中でも楽しむことはできます!!

ダイエット中のキャラメルが太る理由

まずはダイエット中のキャラメルが太る理由を知っておきましょう!

カロリーが高くて食べすぎる

キャラメルの1粒のカロリー

ダイエットをしていて1番気になるのは食べるもののカロリーですよね。キャラメル1粒あたりのカロリーはこちらです!

キャラメル1粒のカロリー
森永ミルクキャラメル袋タイプ 19kcal
森永ミルクキャラメル 21kcal
森永ミルクキャラメル大箱 35kcal

1粒のカロリーでみたら大したことないですね!

だけど問題はキャラメルを箱ごと持っている時!!!1粒だけで我慢できますか…?

1粒もらって食べたくらいでは悩むほどのカロリーでもないので気にする必要はありません。

でも自分一人で箱ごと持っている場合は「いつの間にか全部食べてしまっていた…!」というダイエット中の人にとっては恐ろしいことがおきてしまいがち。

箱タイプのキャラメルは12個入りなので全部食べてしまったら、240kcal。ダイエット中の間食にしては高カロリーです。

キャラメル系のお菓子・スイーツのカロリー

キャラメルスイーツのカロリー
ルマンド キャラメル 36kcal
オハヨー 生キャラメルプリン 141kcal
キャラメルマキアート T 208kcal
キャラメルポップコーン(セブン) 56g 253kcal
キャラメルフラペチーノ 322kcal
キャラメルハニーパンケーキ Tall(デニーズ) 564kcal

キャラメル系のお菓子やスイーツも結構なカロリーです。

特にフラペチーノやパンケーキなどはカロリーを気にせずに食べるとあっという間に1日の目安摂取カロリーを越してしまう恐れがあるので要注意です。

キャラメルのGI値は86で太りやすい

ダイエット中に、カロリーの他に気にしなきゃいけないのがGI値です。

GI値は血糖値が上昇するスピードを測ったもの。70以上が高GI食品とされていて、食べて血糖値が急上昇することで脂肪を蓄える働きが起こりやすくなります。ダイエットの敵と言っても過言ではありません!

キャラメルのGI値は86で、ばっちり高GI値食品の仲間です。砂糖や水飴などの糖分が原材料なので無理もありません。

キャラメル好きの方にとってはかなり残念ですが、ダイエット中に気軽にたくさん食べられる食品ではないことがよくわかります。

ダイエット中にキャラメルを太らず食べる方法

空腹時に食べない/食べる前に食物繊維を食べておく

空腹時に食べると血糖値が急上昇してしまい、脂肪を蓄える働きが起きてしまうので、空腹時に食べるのは控えましょう。

食後に食べるか、食べる前にサラダなど食物繊維がたっぷり含まれた食品を食べておくのがおすすめです。

食物繊維は消化吸収が比較的ゆっくりなので先に食べておくことで血糖値の急上昇を抑えることができます。

目標摂取カロリー内なら基本的にはOK

引用:あすけん

ダイエット中とのことですが、自分が食べていい量(摂取カロリー)は決まっていますか?(まだの人は、ダイエットアプリのあすけんをダウンロードして初期設定の質問に回答してみましょう!そうすると毎日の目標摂取カロリーがわかります。)

キャラメルも高カロリーなキャラメルスイーツもその目標摂取カロリー以内に収まるように食べれば基本的には太りません。

1日の摂取目標が1500kcalなら、1400kcalのヘルシーな食事をして、残りの100kcalをキャラメルに当てればいいというわけです。

100kcalだと、キャラメル3〜5粒くらいは食べられることになるので、それ以上食べないように気をつければOKです。

目標摂取カロリーを知らずにいて制限なく食べてしまうと、そんなに食べていないつもりでも知らず知らずのうちにカロリーオーバーしていて太ってしまいます。

あすけんで食べたものを記録して1日の目標カロリーを超えないようにキャラメルを食べれば太る心配はありません。

point摂取カロリー内に収めれば基本的には太りませんが、普段からキャラメルなど甘くて高GIなものばかりを食べているとダイエット中でも痩せない可能性があります。どうしても食べたい時だけにしましょう。

チートデイならキャラメル系のお菓子もOK

ダイエットをしていてある程度体重が減ってくると、体重が減りづらくなってしまう時期(=停滞期)が来ます。

その時期がきたら高カロリーなキャラメルスイーツを罪悪感なく食べる大チャンスです!

この時期は、食事量を減らしたせいで体が「飢餓状態だ!!」と勘違いをし、脂肪を落とさないように働いている状態。

そこで、停滞期が訪れたら1日だけ好きなものを食べて体に「飢餓状態じゃないよ〜」って教えてあげるんです。そうすると、脂肪を蓄える働きが収まって再び体重が落ちるようになります。

開始時と比べて体重が5%(50kgの人の場合2.5kg)減っていて、体脂肪率が20%前後の人のみ行いましょう。それ以外の方が行うと単純にカロリーオーバーして太ってしまいます。
sponsored link

こちらの記事も合わせて読みたい

【ファン必見】スタバの高カロリードリンクメニューは?カスタムにも注意しよう
スタバで飲む甘いドリンクは、一体どれくらいのカロリーがあるのでしょうか? よくスタバに行く人は、お気に入りのドリンクのカロリーをチェックしましょう! 高カロリーを承知で飲むにしても、どれくらいかはきちんと把握して、1日の摂取カロリー...
美尻専門・特化型パーソナルジムの筋トレで確実にヒップアップ!
最近話題の美尻専門ジムが気になるけどどう選んでいいかわかんない!! そんな方のために、全国の美尻ジムをくまなく比較しました。 自分に1番あっている美尻ジムは一体どこなのか見つけていきましょう!!! 美尻筋トレ専門ジムの選び...
有酸素運動をしてるのに痩せない原因!そもそも自分のダイエットに本当に必要?
有酸素運動で痩せない原因はもちろんのこと、そもそもあなたのダイエットに有酸素運動が必要なのかどうか解説します!!正しい方法でダイエットを成功させましょう。
タイトルとURLをコピーしました