食べやすいチーズは筋トレにもおすすめ?!効果や種類を解説!

チーズと聞けば、どのような印象をお持ちでしょうか?

ピザやグラタンなどのトッピング、またはチーズケーキなどのスイーツといった印象をお持ちの方も多いでしょうが、実はチーズは筋トレをする際に摂取するといい栄養食材です。

筋トレとチーズがどう結びつくのか?これからご紹介していきますのでぜひ参考にしてみてください。

筋トレにチーズがおすすめな理由!

筋トレをする際、ただトレーニングをするだけではなく栄養管理をしっかりすることでより効率よく筋肉を鍛えることができます。

筋肉を大きくするために必要な栄養素としてまず挙げられるのが、たんぱく質です。たんぱく質と聞くとお肉やお魚を思い浮かべますが、乳製品にもたんぱく質は多く含まれています。下記で詳しくご説明します。

タンパク質が豊富

乳製品にはお肉同様タンパク質が多く含まれています。しかし、タンパク質が多く含まれるお肉には脂肪もたくさん含まれているため、たくさん摂取するとカロリーオーバーというような問題が出てくることがあります。

もちろんチーズにも脂肪分は含まれていますが、チーズに含まれているビタミンB2が脂肪を燃焼させる効果があるため、脂肪をためにくい体へと改善するサポートをしてくれます。

カゼインプロテインを含む

カゼインプロテインという聞きなれない言葉ですが、カゼインプロテインとは牛乳に占めるタンパク質の実に80%を占めるたんぱく質の一種のことを言います。

カゼインプロテインは、体の中でゆっくりと分解され少しずつ持続的に筋肉の合成に必要なアミノ酸を供給していく性質があります。

筋トレをした後にアミノ酸を摂取したもののアミノ酸の分解が早く進み、体内にアミノ酸が足りなくなってしまった場合、せっかく筋トレをしたにもかかわらず筋肉が分解され続ける状態なります。

つまりカゼインプロテインは、長時間体内のアミノ酸バランスを保ち筋肉の分解を防ぐとともに、筋肉量を増やす環境を整える働きがある成分です。

筋トレするならチェックしておきたいチーズの栄養

ここでチーズの栄養について触れておきましょう。

チーズを作る際、100グラムのチーズを作るのに1000ml牛乳が必要になります。つまり、チーズには牛乳の10倍の栄養が詰まっていることになります。

またカルシウムに関しても、小魚や牛乳より少量で必要な量を摂取することができますので、カルシウムを摂取するためには非常に効率のいい食品です。

加えて肝臓機能の働きをよくするため、チーズをおつまみにお酒を飲むことは非常に理にかなっています。

チーズにはビタミンB2、ビタミンAもたっぷり含まれており、ビタミンB2は疲労回復、ビタミンAには美容や風邪予防にも効果があります。

筋トレにおすすめなチーズの種類はどれ?

チーズには様々な種類があります。筋トレをするときにどの種類のチーズを食べればより効果的なのかをご紹介します。

カッテージチーズは?

筋トレにお供させたいチーズと言えば最初にご紹介するのは、低脂肪・低カロリー、カッテージチーズです。

ほかのチーズと比べても、同量のアミノ酸を摂取するためにカッテージチーズを食べればより脂質やカロリーを抑えることができます。

またトレーニング中は体内の水分が失われやすくなりますが、カッテージチーズは水分の含入量が多いため、カッテージチーズを食べることで同時に水分補給をしていることになります。

加えてトレーニングをすると大量に消費されるグルタミンを補充するときにもカッテージチーズがしっかりと働き、疲労回復や筋肉の分解を抑えてくれます。

プロセスチーズは?

固形で食べやすいプロセスチーズは、ビタミンB12、カルシウム、リン、脂質が多く含まれます。

プロセスチーズは脂質が高いため、筋トレをしながらダイエットしたい方には向かないでしょう。

カマンベールチーズは?

またチーズフォンデュなどに使われるカマンベールチーズは、プロセスチーズ同様脂質が高いので、体重を減らしたい方には不向きです。

筋トレにおすすめなチーズ製品は?(文中でさけるチーズ/ベビーチーズについても触れる)

チーズにはたくさんの種類があり、またたくさんのチーズ製品があります。筋トレをするときにどのチーズ製品を選べばいいのか、よく分からないという方も多いでしょう。

有名なところでは「さけるチーズ」。さけるチーズはメグミルクから発売されている商品で、カロリーが低いことが特徴です。

低カロリーにもかかわらず高タンパクで、カルシウム、ビタミンB2が豊富なこともさけるチーズの特徴で、食べ応えがあり整腸作用もありますのでダイエットに向いているチーズ製品です。ただし、さけるチーズも食べ過ぎると太りますので注意が必要です。

次にベビーチーズについて。ベビーチーズにはいろいろな味があり、飽きずに続けられるのが嬉しいところです。ベビーチーズにはタンパク質、カルシウム、脂質がバランスよく含まれており、さまざまな種類や味がありますのでチーズ以外の栄養素を摂取することができます。

おすすめなチーズの食べ方や食べるタイミング

筋トレに必要なタンパク質が豊富なチーズですが、どのタイミングで食べればより効率がいいのでしょうか。

筋トレ直後にプロテインを飲むという方も少なくないでしょうが、実はチーズはプロテインとタイミングで摂取してはいけません。

チーズには筋肉の分解を抑えるアミノ酸やタンパク質が含まれてはいますが、同時に脂質も含まれています。

トレーニングのあとは筋肉に向かって血液が栄養や酸素を運ぶ必要がありますが、そのタイミングで脂質を摂取してしまうと胃腸にも負担がかかり、筋肉、内臓どちらにも良くありません。

そのためチーズは、普段の食事で摂取する、トレーニングから一時間ほど経ってから摂取するのが効果的でしょう。

チーズ摂取の注意点

チーズが筋トレをする人にとって有効なのは、ご紹介してきたとおりです。しかし、中には「乳糖不耐症」という乳製品の糖をうまく消化できない人がいます。

乳糖不耐症の人は、乳糖が分解されず腸内でガスが発生し膨満感を引き起こしたり、お腹を壊したりすることがあります。

また前述していますが、チーズには多くの脂質が含まれている種類のものもあり、食べ過ぎると摂取カロリーが多くなってしまいますので注意しましょう。

まとめ

日ごろから慣れ親しんでいるチーズが筋トレの強い味方になってくれることは、うれしい限りですね。

プロテインを飲むのは以下にも筋トレをしている人感じで抵抗がある方も、チーズなら手軽に始めることができそうですね。

食べる種類と量は少し気にする必要がありますが、筋トレとチーズをうまく組み合わせて理想のボディを手に入れましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする