タバコと引き換えにたくましい筋肉を手に入れよう!今すぐ辞めたくなる悪影響を解説

female-cigarette

「筋トレもタバコも大好き」

「これからたくましい筋肉を手に入れたい愛煙家」

「タバコは日常の癒し。ダイエットを最近始めた」

当てはまる方結構いらっしゃると思います。しかしながら、タバコは筋トレにも悪影響を当然及ぼします。筋トレもタバコも諦めないというのはなかなか厳しく、どちらかを捨てるべきだということが、タバコが筋トレに及ぼす影響を知れば分かると思います。今回はその悪影響をご紹介します。

タバコが筋トレに悪影響なワケ

タバコは効果的なトレーニングのためには非常に悪影響だということが分かります。

肺胞の破壊による持久力の低下

喫煙は肺に悪影響だということは誰もが知っていると思います。海外のタバコのパッケージには目をそむけたくなるほどグロテスクな真っ黒な肺の様子が映し出されていて、それでもタバコを吸うか?という訴えがされているほどです。喫煙により、肺胞が破壊されると、持久力が低下していしまうため、効果的なトレーニングは行えなくなります。タバコを吸わない人と比べて、タバコを吸う人は圧倒的に運動に必要不可欠な酸素をうまく取り込むことのできない体になっています。無酸素運動である筋トレにも十分に悪影響があるので、有酸素運動ならなおさら苦しいでしょう。

やる気がなくなる

女性 仰向け 朝 寝てる

日常的にタバコを吸いながら、筋トレをしていることで、筋トレの効果は十分に発揮されません。そのため、効果が実感できず、やってもダメだという気持ちになり、筋トレそのもののモチベーションが下がってしまうことが考えられます。

ニコチン中毒による運動能力の低下

脳や神経を興奮させる作用のあるニコチン。継続的に、ニコチンを摂取することで、感覚が麻痺し、ニコチンなしでは脳や神経が興奮しない状態になります。これがタバコがやめられない原因の1つです。これにより、筋トレに必要な、筋力や瞬発力が下がってしまいます。

力が上手く出せないことによる怪我のリスク

bear-pain

上記の悪影響を踏まえると、ケガのリスクも一気に高まると考えられます。いくら追い込んでやろうと心では思っていても体がついていかず思うようなトレーニングが出来ないどころか、思わぬケガをしてしまう可能性があります。特に高重量のダンベルやバーベルなどで行う筋トレは、体の機能が低下している状態では非常に危険でしょう。

たくましい筋肉がほしくて筋トレをしているのに、大けがをしてしまったということほど悲しいことはありません。本来、安全に行えば、見た目の美しさだけでなく、体も心も健康にしてくれる筋トレは人間にとっていいことだらけです。タバコ+筋トレで悪い結果を招く事態は避けたいですね。

自分にとって必要なのは筋トレとタバコかどちらなのか

man-sky

タバコが筋トレへ及ぼす悪影響、いかがだったでしょうか?嗜好品であるタバコはなかなか簡単に辞められるものではなく、「禁煙など簡単だ。私はもう1000回もしている。」などタバコを永遠に辞められない自虐の名言が生まれているほどです。

せっかく行っている筋トレが最大の効果を発揮せずに心身ともに疲労してしまい、さらには怪我の危険性も高まるとすれば、これはもう喫煙をやめるべきなのは明白です。

タバコがやめられない=たくましい筋肉から遠ざかるということを理解してそれでもタバコは辞められないと思うなら、吸うもよし。自分との闘いに勝って、理想のボディを手にいれるも素晴らしい決断になることでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする