安いおすすめのダンベル特集!全身筋トレしたい方のための選び方を徹底解説

自宅で筋トレをするときに、強い味方になってくれるダンベル!

ジムに通っていない人や、忙しくてなかなか行けない日でも家での筋トレなら少しの時間を見つけてトレーニングをすることができます。

家にダンベルがあれば、トレーニングの際に混んでいて待つことや、人目を気にせず自分のペースで筋トレをすることができるので、おすすめです。

しかし、ダンベルはなかなかのお値段がするものが結構ありますよね…!

今回は、ダンベルに高いお金を出すのはちょっと…という方のために安くておすすめのダンベルをまとめてみました!

安いダンベルは、高級なダンベルに比べると、見た目や性能に若干の差は出ますが、”重り”としては、差はありません。

安いダンベルでも十分筋トレはできますので、少しでもリーズナブルなダンベルを探している方必見です!

おすすめのダンベルの種類は?
選び方のポイントはこれだ!

ダンベルには、いろいろな種類があり、それによって値段帯も様々です!

できるだけ安いダンベルを選びたいですが、安さだけを重視してしますと、後々になって後悔するケースもあります。

使わなくなって部屋の隅に置いておいても邪魔になりますし、もっと良い物に買い換えようとしても、前のダンベルを処分するのが面倒です。

そこでダンベル購入の際に、安さに加え以下のポイントを重視することをおすすめします!

重さを調整することのできる可変式タイプかどうか

→可変式タイプのダンベルとは、このような規格のダンベルです。

ダンベルを購入する際は、可変式タイプのものをおすすめします。

安さを追求するのであれば、可変式ではないタイプのダンベルが安いのでおすすめです。

ウォーターダンベルや可変式ではないダンベルは、値段がお手ごろな点で優れています。

しかし、ダンベルで全身のトレーニングをする際は、鍛える筋肉によって扱う重さが異なります。

力こぶの筋肉を鍛えるダンベルアームカールと足の筋肉を鍛えるスクワットでは、扱う重量に大きな差があります。

そこで、全身のトレーニングをするのに最適な可変式ダンベルをおすすめします!!

可変式ならば足や背中など大きな筋肉のトレーニングの時には、重りを増やし、逆に小さい筋肉を鍛える時には、重りを取り外して適切な重りに調整することがきます。

また、トレーニングには、オーバーロードの法則(漸進性の法則)という原則があります。
これを一言で言い換えると、筋肉に与える負荷を増やすことで筋肉が大きくなるという原理です。

トレーニングを始めた時は、重りを持つだけで筋肉に大きな刺激を与え疲労させることができますが、トレーニングに慣れてくると以前と同じ重さよりもより重い負荷でトレーニングを行った方が、効率よく筋肉をつけることができるとされています。

可変式タイプのダンベルで、効率の良いトレーニングをしましょう。

ダンベルシャフトの太さとカラー(留め具)の違い

ダンベルを購入する際に注意したいのが、ダンベルシャフトの太さです。

先ほど説明させていただいたようにトレーニングの初めは軽い重りでも十分ですが、筋肉量を増やし続けるには、ある程度重い重量にダンベルの重さを調整する必要があります。

しかし、ここで注意していただきたいのが購入するダンベルのメーカーやブランドによりダンベルのシャフトの太さが異なることです。

トレーニングを重ねるにつれて最初に買ったダンベルの重りでは、足りなくなり、後からダンベルのプレートだけ追加で購入する際に、シャフトの太さを確認しないと、購入したプレートがダンベルシャフトにマッチせず、使用することができないので注意しましょう。

*Amazonや楽天で購入できる家庭用ダンベルでは、(28mmシャフトプレートの穴29mm)が多いです!

また、ダンベルのプレートを固定するカラー(留め具)のタイプも購入の際に検討してみてください。

大きく分けて、2つのタイプがあります。

スクリュータイプ


カラーが緩んでもプレートがすぐに抜けにくく、安全性の高いスクリュータイプ

レンチタイプ


バーベルの留め具に多いタイプで、着脱が早いのが特長です。
足や床にプレートが落ちるリスクを考えると安全性の高いスクリュータイプがおすすめです。

ラバーが付いていて床に傷がつきにくい

ダンベルにラバーが付いているものだと、床に傷がつきにくくなります。

スポーツジムと違い、家でのトレーニングには、トレーニング用のマットを引くことがないので床にダンベルを置いたときに傷をつけてしまう可能性があります。

床に毛布などを引くことで代用することも可能ですが、ラバータイプのダンベルを購入することをおすすめします。

自分に適切な重さかどうか

ダンベル選びにとても重要な点がダンベルの重さです。

ダンベルを使ってトレーニングをした経験が少ない方は、軽めのダンベルを選びがちです。

トレーニングの目的や年齢などにより、購入すべきダンベルの重さは異なりますが、健康維持というより、筋肉の量を増やしたいという男性には、30キロ×30キロ計60キロタイプのダンベルをおすすめします。

もっと軽いダンベルから購入して徐々にダンベルを買い足していくことも可能ですが、セットで買ったほうがお得です。

本当に60キロなんて使うのか疑問に思う方もいるかもしれませんが、下半身のトレーニングであり大きな筋肉を使用するスクワットやデッドリフトのトレーニングを行うことを考えると買い足して購入するよりも、最初から60kgセットを購入することをおすすめします。

安いおすすめダンベル紹介

今回は、自宅で全身をまんべんなく鍛えていきたい方におすすめな、リーズナブルなダンベルをご紹介します。

Amazonレビュー高評価「IROTEC」


圧倒的安さ!「ファイティングロード」


フラットベンチとのセットがおすすめ!

トレーニングの幅をぐっと増やせるフラットベンチとのセットがおすすめです。

IROTEC…税込:14850円〜20844円(20kg~40kg)

ファイティングロード…本体価格:7920円〜11970円(20kg~40kg)

ファイティングロードのダンベルはセール中でほとんど50%OFFの、激安になっています。(2017年8月現在)

ダンベルプルオーバー

フラットベンチがあると、大胸筋のトレーニングであるベンチプレスや、広背筋を鍛えられるダンベルプルオーバーなど幅広く筋トレができます。

ブルガリアンスクワットをしている女性

ブルガリアンスクワット

ブルガリアンスクワットの際に片足をかけられますし、上腕三頭筋を鍛えられるダンベルキックバックや広背筋を鍛えられるダンベルローイングのときに片手片膝を安定してつかせることができます。

ダンベルキックバック

まとめ

いかがでしたか?

ダンベルは一度購入すると長く使えるものです。

いろいろなタイプやメーカーの物があり、どれを買っていいのか決めるのが難しいですが、自分のお気に入りのダンベルを購入して自宅で筋力トレーニングに励みましょう!!

こちらの記事も合わせて読みたい

痩せたい女性に捧ぐ!ダンベルを使った筋トレの効果とメニューを解説
筋トレをしたいけど、ジムに通うのは恥ずかしい…ライフスタイルに合わない…そんな方には、よりお手軽な自宅でダンベルトレーニングがおすす...
スクワットのダイエット効果は?痩せたって本当?期間・頻度はどれくらい?
ダイエットのための筋トレといえば、スクワット!大定番になってきています。 が!!スクワットはなぜダイエット効果があるか知っていますか?...
「筋トレをすると仕事ができる」は本当?!その効果と両立の秘訣を解説!
「筋トレのおかげで仕事がはかどる」 「筋トレはすべてを解決する」 筋トレを習慣にしている人がそう豪語しているのを聞いたこ...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする