下腹ぽっこりを撃退!足上げ腹筋(レッグレイズ)の効果と正しいやり方

足上げ腹筋のこと詳しく知りたい!

キツそうだしなんか効果ありそう!!!!

本記事ではそんな方のために、足上げ腹筋の効果ややり方をバッチリ紹介していきます〜!

足上げ腹筋(レッグレイズ)の効果は?

View this post on Instagram

I am sayakaさん(@xoxo_0603_sayaka)がシェアした投稿

足上げ腹筋はレッグレイズという名前がついています!!

下腹の筋肉が鍛えられるので、下腹のぽっこりを解消するのにとってもおすすめのトレーニングです。

運動経験の少ない女性や運動不測の女性は、どうしても下腹の筋肉量が少なく、お腹がぽっこりしてしまいがち。

下腹の筋肉を鍛えるのは大変ですが、足上げ腹筋を地道にやれば、すっきりとしたお腹まわりも夢じゃないです。

足上げ腹筋の疑問解消!

足上げ腹筋をやる前に、まずはよくある疑問を解消しておきましょう!

ダイエットに効果的?痩せる?消費カロリーは?

足上げ腹筋を15〜20回×2〜3セット行うと…消費するカロリーは約15〜30kcalです。チョコレート1粒分くらいのイメージ。

(DARSのミルクチョコレート1粒が21kcal)

消費カロリーからわかるように、足上げ腹筋で体重を落とすのは全く効率的ではありません。足上げ腹筋で、お腹の脂肪が劇的に減ったり、体重が減ったりすることはほとんどないです。

脚やせ効果はある?

正しく足上げ腹筋を行った場合、脚への負荷はほとんどなく、腹筋への刺激が入ります。

また、足上げ腹筋の消費カロリー自体も少ないため、脚痩せの効果はほとんどないと言っていいでしょう。

腹筋は割れる?

足上げ腹筋で腹筋を割ることは可能です!

ただしウエスト周りの脂肪が多い場合はいくら足上げ腹筋をやっても割れません。女性の場合 体脂肪率21〜25%ほどでうっすら縦に腹筋が割れてきます。

腹筋を割りたい目的で足上げ腹筋をするなら、体脂肪を減らすことも大切です!

また、完璧なシックスパックにするには、クランチやプランクなどの腹筋の上部も鍛えるを合わせて行う必要があります。

sponsored link

足上げ腹筋(レッグレイズ)のやり方・方法

View this post on Instagram

03ayaka30さん(@03ayaka30)がシェアした投稿

トレーニング場所:柔らかすぎない平らな場所(マットなどの上、ベッドはNG)

  1. 両足を真っ直ぐにして寝転がる
  2. 両手は体の横にセットし、自然な状態に
  3. 【息を吐く】腰を支店にゆっくりと両足をあげる
  4. 垂直になるまで上げたら、そこで2秒間停止する
  5. 【息を吸う】その後、ゆっくりと元に戻していく
  6. 15回を1セットとして、3セット繰り返す
point セットとセットの間(インターバル)は30秒ほどにしましょう。休みすぎると効果は減ってしまいます。

足上げ腹筋の頻度は?

できれば毎日やりましょう!

『筋肉量が少ない』と自覚のある方は、ちょっとやそっと筋トレをしたくらいじゃ筋肉はつきません。毎日やるくらいの勢いが欲しいところです。妥協して、週4くらいです。

※筋肉痛が酷い場合やフォームに慣れていなくて他の部位が痛い場合などは、無理して行わないようにしましょう。怪我の原因になってしまいます。

どれくらいの期間で効果が出る?

筋トレの目に見える変化が現れる頃は、だいたい3ヶ月継続してからと言われています。

継続することに慣れるまでがキツいし、辞めたくなってしまうこともあると思います。

しかし辞めてしまえば、ずっと『ぽっこり下腹』『腹筋が割れていない』など、自分にとって嫌なことがずっとつきまとったままの状態を変えることはできません。

強い意志を持って続けましょう。

下腹のぽっこりを解消するために合わせてやりたいこと

脂肪量を減らす(ダイエット)

蓄積されたたっぷり脂肪には筋肉様も叶いません。

いくら筋肉をつけて引き締めることが可能と言っても限度があります。

脂肪がたくさんつきすぎている状態(具体的にはBMI25以上)の場合は、いくら足上げ腹筋だけを行っていても下腹ぽっこりは改善できません。

それは足上げ腹筋の効果がないのではなく、筋トレの効果は確実にあり筋肉量が増えたとしても、脂肪が多すぎるためまだまだぽっこりしたままの状態ということ。

下腹にたっぷり脂肪があり、それを本気で改善したいなら、足上げ腹筋と合わせて食事改善が必要です。

消費カロリー>摂取カロリーの生活に改善する必要があります。

反り腰改善

『反り腰』という状態をご存知ですか?

画像のように腰が反って、結果下腹もぽっこりしてしまう最悪の姿勢です…

また酷い反り腰の方が足上げ腹筋を行うと腰を痛めてしまうことがありますので、まずは反り腰改善ストレッチから始めることをおすすめします。

軽い反り腰で足上げ腹筋を問題なくこなせる方も、合わせてこのストレッチをやるのがおすすめです。

反り腰改善ストレッチは下記の記事でご紹介しています!

便秘解消

下腹ぽっこりの原因として、『便秘』も挙げられます。

便秘がちな方は、食物繊維をきちんと摂取する食生活にしていくことも忘れないでください。

こちらの記事も合わせて読みたい

ジムに行くのが恥ずかしい…恥を忘れ本気でダイエットに夢中になる方法
「ダイエットして理想の体型になりたい」「運動不足を解消したい」そう思った時に考える選択肢の1つ、「ジム」。 実際に通おうとする...
ダイエットしてる女性が生理中に行いたいおすすめ筋トレ!
食事制限や運動などで、日々ダイエットを頑張っていると、不調の多い生理中でも何かダイエットのために続けられることが知りたいですよね。 今...
くびれが欲しい女性が今すぐやりたい筋トレを徹底解説!
くびれが欲しいときに思いつく方法といえば、"筋トレ"がメジャーですよね。 しかし「どの筋トレをやれば効率よくくびれをゲットできるのか」...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

sponsored link