シシースクワットで大腿四頭筋に新たな刺激を!効果とやり方解説

筋トレの王様と呼ばれるスクワットには、様々なバリエーションがあります。

通常のスクワットをマスターした方は、新しいスクワットに挑戦していきたいですよね!!

今回はそんな方におすすめしたいスクワットの1つ、シシースクワットをご紹介します!

シシースクワットとは?鍛えられる筋肉と効果

シシースクワットは、大腿四頭筋をメインターゲットとしたトレーニングで、特に大腿直筋に負荷がかかります。

強靭な太ももを手に入れる自重トレとして最適です。

『大腿四頭筋を鍛えて強靭な下半身を手に入れたい』

『大きな筋肉を鍛えて筋肉量を増やしていきたい』

そんな方に向けた、自宅トレーニングの幅を広げるのにおすすめのトレーニングです!

バランスを取るのが難しいのと、筋肉量が必要なトレーニングなので、BIG3などの筋トレを一通りマスターして、ある程度筋肉量が付いてきた方に最適なトレーニングです。

シシースクワットのやり方

シシースクワットのやり方を紹介します!

基本のやり方(自重)

体のバランスを支えるための支柱が必要です。片手で掴まってトレーニングをしても動かないような、重量のあるトレーニング器具やテーブル、壁の縁などを利用しましょう。

①足を肩幅に開き、バランスを崩して転倒したにために片手は体を支えられるものに添える

もう片方の手は軽く腰に添える

②ゆっくりと膝を曲げ、息を吸いながら、バランスがとれなくなる直前くらいまで胴体を後ろに傾けていく(床に対して45°くらいまで傾ける)

頭から膝までが一直線になるように!かかとはつま先の上になるくらいまであげる

③体をゆっくり押し戻して、元の位置へ

10~20回×3セット行いましょう。

過重方法

ウエイトプレートやダンベルを胸に引き寄せてもつことによって、より高負荷なシシースクワットを行うことができます。

シシースクワット動画

フォームをささっと確認したい方はこちら!▽

詳しい解説を聞きながらフォームを確認したい方はこちら!▽

シシースクワットの注意点

シシースクワットは、大腿四頭筋に大きな負荷をかけることができるトレーニングですが、膝にも負担がかかります。

膝をつま先よりも大幅に突き出すようにすると、膝に負荷が集中してしまい、思わぬ怪我や膝を痛めることにつながるので、十分注意するようにしましょう。

シシースクワットのポイントまとめ

いかがでしたか?

シシースクワットで鍛えられる部位は、大腿四頭筋(特に大腿直筋)でしたね!

大切なポイントは、膝を曲げていく過程で、頭〜腰〜膝が一直線になるようにすることです。

こちらの記事も合わせて読みたい

▽大腿四頭筋強化のために合わせて行いたいトレーニング3選(自重可能)

スプリットスクワットで大腿四頭筋を鍛えよう!効果とやり方を解説
スプリット スクワットとは 下肢筋力の大部分を占め、鋼のような太ももを作ったり、競技においての瞬発力を養うために欠かせない大腿四頭筋。 ...
【女性必見】ブルガリアンスクワットの効果とやり方!脚をバランスよく鍛えよう
ブルガリアンスクワット、なんだか強そうな名前のトレーニングですよね。 通常のスクワットとは違ったトレーニングに挑戦してみたい、両足の筋...
ピストルスクワット(片足)の効果・やり方は!?出来ない人もコツをつかんでたくましい脚に!
下半身を強化したい!でもスクワットには飽きてしまった… そんなあなたにオススメなのがピストルスクワットいわゆる片足スクワットで...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

sponsored link