太もも内側のぶよぶよ脂肪をブンブン振り落とすときが来たようだな…

太もも内側の見るに耐えないぶよぶよ脂肪をたっぷり蓄えたみなさんこんにちは。

大変切ないですよね。

見ないふりをしていても、

  • 下着姿の自分が鏡に映ったとき「は?だるだるのギチギチでヤバ。むちむちなんて可愛い言葉じゃ済まされないな…
  • 友達と横並びに座って太ももの太さを比べたとき「え?ヤバいの知ってたけどこんな差出る?お尻終始浮かせて座るしかないな?」

太ももの内側の脂肪のせいでこんなに切ない思いをしなければならない。

そんなのおかしいですよね?!!?!!

いっそ脂肪を取り外せたらいいのに…(現実逃避)

今度こそ…今度こそその内ももの脂肪とおさらばして、すっきりした美脚目指しませんか?

「誰もがびっくり簡単に脂肪を落とせる方法〜♪」なんてものはご紹介できません。

そんなの存在したらみんな簡単に痩せてますしあなたもこんな記事を読むことはなかったでしょう。

でも!誰がやっても確実に痩せる地道な方法ならご紹介できます!

「地道に努力してやるぜ!」と気合いの入った方のみぜひぜひ内もものお肉を撃退する方法を見ていってください。

【残念なお知らせ】内ももの部分痩せはできない

女性の太もも

地道に確実に太もも内側の脂肪を落とす方法を教えますって言った矢先申し訳ないのですが、実は内ももの部分痩せは出来ません。

体のどの部分も「そこだけ痩せる」方法はないんです。

脂肪を移動させるマッサージをしたって、脂肪が溶けるなんて言われてるジェルを塗ったって、部分痩せ(内ももの脂肪が減る)が叶うことはありません。

じゃあどうやった内ももの脂肪は落ちるのか。

答えは簡単!!普通にダイエットをすればいいんです。

ダイエットすれば全体的に脂肪が燃えるので当然内ももの脂肪も撃退できちゃいます。

内もものお肉が気になってしょうがない気持ちはとてもよくわかりますが、地道にダイエットをしていきましょう!という話なわけです。

太ももの内側の脂肪を落とす方法

太ももの内側いわゆる内ももの分厚い脂肪。

太ももと太ももの間をぎっちぎちに埋める努力を惜しまないこの子たちは、ダイエットで撃退できることは分かりました。

ここからは具体的に何をしたらいいかを説明します!

やるべきことは3つ+α!

  1. 消費カロリー>摂取カロリーの食生活のために毎日絶対カロリー記録
    …これさえ守ればまず太らないし徐々に痩せていく
  2. 栄養バランスの良い食事(特にタンパク質を十分に摂る)
    …バランスよく食べると代謝がちゃんと行われるから痩せやすい/基礎代謝が落ちて痩せにくくならないように筋肉の栄養タンパク質はとっても大事
  3. 筋トレ(まずはスクワットだけでOK)
    …ダイエットして体脂肪が減ると筋肉も同時に減ってスタイルが悪くなるし基礎代謝も落ちて痩せづらくなる。だから1度にたくさんの筋肉を鍛えられるスクワットでリバウンドなし&モデル体型に!
  4. 有酸素運動)※←やりたい人だけでOK
    …なるべく早く痩せたい人は1日30分以内のランニングや縄跳びなどをしましょう。しなくても1〜3を守れば痩せます。

毎日絶対カロリー記録&栄養記録をしよう

ダイエットの基本は消費カロリー>摂取カロリー。これを守らなければどうにもなりません。

動く量より食うな!
食う量より動け!

「内ももの脂肪を落としたいけどカロリー記録やってない!」という方は今すぐダイエットアプリあすけんをダウンロードして記録を始めましょう。

FiNC楽々カロリーであたりも使いやすくておすすめです!とにかく自分が気にいったアプリを使って毎日の記録を欠かさずに行って行きましょう!!

おすすめアプリははあすけん!市販品も家庭で作る料理も豊富に選べて選択するだけでカロリーと栄養を計算してくれる!今までのアプリだと記録したくてもカロリーがわからないものがあって困ってたけどあすけんならほとんど大丈夫!

あすけんをダウンロード(ios)

あすけんをダウンロード(android)

筋トレの王様『スクワット』でリバウンドなし&スタイル良く

まず、ダイエットをしてるのになぜ筋トレも必要なのか説明しますね。

筋トレをしないとダイエットでとっても不利になってしまうし、見た目の美しさも半減してしまうからなんです。

実は、食事改善で体脂肪が減るとどうしても筋肉も一緒に減ってしまいます。そして、基礎代謝が落ちて痩せづらい体になる。

短期間で急激に痩せた人がリバウンドしやすいのはこれが原因。痩せたのに痩せづらい体になるなんて嫌ですよね。

これを防ぐためには筋トレで筋肉を強化&筋肉の栄養をたっぷりとっておくこと!

栄養管理は先ほど紹介したダイエットアプリでやってもらうとして、筋トレはこれからご紹介します!!

スクワットは何が何でも継続してやってください。

最低週4、出来たら毎日やってほしいです!

スクワットがおすすめな理由…下半身を中心に1度に全身の筋肉が鍛えられて効率が最強だから

 

View this post on Instagram

 

パーソナルトレーナー 門脇妃斗未🇯🇵さん(@hiitmefit)がシェアした投稿

▼スクワットのやり方▼

  1. 足を肩幅に開き、背筋を伸ばして立つ
  2. 【息は吸う】ゆっくりと腰を落とす
    …前を向く
    …丸めずに張る
    お尻…後ろに突き出す
    …地面に爪先より前に出ないように注意
  3. 【息は吐く】太ももが床と平行になるまでしゃがんだら、ゆっくりと膝が伸びきらない程度まで立ち上がる
  4. 10〜20回×3セット繰り返す

『アダクション』で内ももをキュッと引き締め

これは他のものと比べて絶対やらなきゃいけない訳ではないのですがおまけ程度に紹介しておきます!

寝ながらできるので家でくつろいでいる時間もダイエットしたい!なんて時におすすめのトレーニングです。

アダクションは内ももの筋肉を鍛えてくれるので、内ももが引き締まってすっきりする効果が期待できます。

ただ、内ももピンポイントのトレーニングもいいですが、やっぱりスクワットの方が効率よく全身(内もも含む)を鍛えられるのでまずはスクワットだけでOKです。

「余裕のある人はアダクションにも挑戦してみてください!」といった気持ちでご紹介させていただきました!

sponsored link

早く痩せたいなら有酸素運動も追加!

もし出来るだけ早く痩せたいなら有酸素運動も追加しましょう!

  1. 消費カロリー>摂取カロリーの食生活
  2. 栄養バランスの良い食事
  3. 筋トレで筋肉キープ→増量

をこなしていけば辛い有酸素運動をしなくても綺麗に痩せることが出来ます。3ヶ月後から目に見えて効果がわかってきます。

ただもっともっと早く効果を実感したい人は有酸素運動をすることで消費カロリーが多くなるのでその分早く痩せて、内もももすっきりします。

1日30分以内のランニング・縄跳び・水泳などの消費カロリーの比較的高い運動をするようにしましょう。

1度に30分以上やると脂肪だけでなく筋肉のエネルギーも使われてしまい、筋肉の減少に繋がるので、1日30分以内がおすすめです。

内ももの脂肪を撃退してすっきり美脚になろう!

いかがでしたか?

だいぶ地道な方法だなと思われたかもしれませんがこれが確実な方法です。

本当に痩せるのか怪しいサプリやクリームよりよっぽど良いです。

今回お伝えしたことをまず3ヶ月継続してもらえれば目に見えた効果が現れ、1年後には確実に別人のスタイルになれます。

これを今からやらないとすっきりとした太ももを手に入れるのはだいぶ先どころか一生手に入れられなくなってしまう可能性だってあります。

人生の中で自分の理想通りのスタイルでいる時間をちょっとでも長くするために、今から行動しませんか?

理想のボディになれるよう応援しています◎

\最適なダイエット方法がわかるおすすめ記事♪/

とにかく一刻も早く痩せたい人のための1番早く痩せるダイエット方法!
女子の中では「早く痩せたい!!」と思うのは日常茶飯事。 でも、早く簡単に痩せられる方法があったら、この世にデブはいないのもまた事実。 簡単じゃないことくらい誰だって分かっています。短期間で痩せるのはやっぱりかなりしんどいんです。...
"ゆっくり痩せる"ストレスフリーなダイエット方法で身も心も綺麗に
ダイエットはキツくてストイックなイメージが大きいですよね。 でもそれは短期間で痩せたいときだけの話。 ゆっくり痩せる。 それでも構わないのなら、ダイエットは余裕がありストレスフリーなものになります。 本記事は、ストレ...
"綺麗に痩せたい"を叶えるスローダイエット方法!食事改善と筋トレがポイント
「綺麗に痩せたい!!」 そう思った時にこれから何をしたらいいのかって難しいしわかんないですよね。 モデルさんも、最近は「細ければいい!」な感じではなく、女性らしい綺麗なシルエットで本当にスタイルがいいな〜って思う方も増えていて憧...
なかなか痩せない"ぽっちゃり"が今度こそ痩せる必勝ダイエット方法
ぽっちゃり。 デブというほど太ってはいないけど普通体型と呼べるかどうかといえば怪しい...そんな体型を指しますよね。 デブが痩せる方法は色々なところで見かけますが、ぽっちゃりがスリムな体型になるための方法ってなかなか見かけなくあ...
ダイエット中の摂取カロリーはどれくらいが目安?絶対に痩せたい人の食事の決め方
ダイエットといえば食事制限! 普段の食生活をしっかり見直して、自分が痩せるために適切な食事量に変える必要があります。 とはいえ!ダイエットにはカロリーが大切ということがわかっていても、一体どれくらいのカロリーを摂取すればきちんと...
タイトルとURLをコピーしました