常温の水は健康に良い?ダイエット効果って本当?温度別水の飲み方徹底解説

近頃、やたらと「常温の水が体にいい」や「白湯がいい」など、水に関して様々な情報がありますよね。

中には飲むだけで、ダイエット効果がある!などなど…

冷たい水はNGだから飲んでいないという方も多いと思います。

そんなお水に関してですが、実はそれぞれの温度別に、良い点と悪い点があります。

きちんと理解して、場合別に飲み分けていきましょう!

常温の水は健康によい?

冷たい水より身体にやさしい・水分補給をきちんとすることで体内の巡りをよくする、こういった意味で、常温の水が健康に良いと言われています。

常温の水を飲んだから健康というよりは、冷たい水より常温が好ましい、水を摂取する意識があることで体内で水分が不足することが避けられるということです。

水の温度の種類

冷水

5〜15℃くらいの冷蔵庫で冷やした温度のお水です。

常温水

20〜35℃くらいのぬるいと感じるくらいの温度のお水です。

白湯(温水)

60〜80℃のあたたかい〜あついと感じるくらいの温水と言った感じの温度です。

温度別!水の飲み方まとめ

普段飲むには常温水

人の80%は水で構成されていると言われますが、水を意識的に飲む習慣がない方は、なかなか飲んでいない方が多いかと思います。

成人で、約1リットル〜1.5リットル飲むのが好ましいとされています。

これほど大量に飲まなければいけないため、これをすべて冷水で摂取すると、胃に負担をかけ、人によっては胃痙攣を起こしてしまうため、「冷水は体に良くない」と言われるようになったのではと考えられます。

このため、日常的な水分補給としては、常温の水が良いです。

コップ一杯を1日に6回ほどのタイミングで分けて飲むと良いでしょう。

スポーツ時や体温が高いときには冷水

冷水には体温を下げる効果があります。従って、スポーツをして汗をかいたときなどの身体が火照った状態のときには冷たい水もおすすめです。

もちろん、がぶ飲みは胃に負担をかけてしまい、体によくないので、避けるようにしましょう。

冷水だからと言って、絶対に飲まないほうがいいというわけではなく、タイミングを考えて上手に活用しましょう。

朝や就寝前には白湯

温かい白湯はリラックス効果があるとされています。

寝る前や、朝目覚めて一息つきたい時におすすめです。

まとめ

いかがでしたか?

常に常温の水がいいというわけではなく、状況に応じて、

ぜひ、普段の生活に役立てて、健康的な毎日をお過ごしください!

【こちらの記事も合わせて読みたい】

食事中の水分は健康やダイエットに良くないって本当?適切な量・飲むタイミングを解説
みなさんは、普段食事中に水分を摂りますか?お茶や水、ジュースなどを飲んでいる方、一切飲まない方、様々かと思います。なかには、何杯も飲...
筋トレ後に豆乳がオススメ!効果・量・タイミングを解説!
みなさんは豆乳をよく飲みますか? ただ好きだからという理由で飲んでいる人よりは、健康やダイエットに良いと聞いて飲んでいる方のほ...
「スウィッチェル」は究極のドリンク?その効果を知って体の内側から綺麗になろう!
体の内側から綺麗になりたい女性が増え、酵素ドリンクやコールドプレスジュースなどが大流行しましたよね。 みなさんは、スウィッチェ...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする