きなこには嬉しい効果がたくさんあった!美味しい飲み方と注意点を解説

きなこは健康に良いとよく聞きますが、そんなきなこには一体どのような栄養があって、どのうような効能があるのでしょうか?

今回は、きなこの効能栄養どうやって日々の食事に取り入れるかをご紹介します。

きなことは?

soybean

ご存知の方も多いと思いますが、きなこは大豆から出来ています。

きな粉(きなこ、黄粉)は、大豆を炒って皮をむき、挽いた粉である。加熱により大豆特有の臭みが抜け、香ばしい香りになる。語源は「黄なる粉」で、黄な粉とも書く。

ただし実際には黄色ばかりの粉とは限らず、黄大豆を原料にしたきな粉は黄褐色なのに対し、青大豆を原料にしたきな粉は淡緑色なので、「青きな粉」や「うぐいすきな粉」と呼ばれる。ーwikipedia

きなこの効能

大豆の栄養を効率よく吸収できる

大豆はタンパク質食物繊維が豊富です。効率的に大豆の栄養を吸収できます。これが一番のメリットです。

大豆イソフラボンが豊富!

バストアップ

female-whitedress-natural

大豆イソフラボンは女性ホルモンであるエストロゲンと似た働きをすることで有名です。

エストロゲンには乳腺細胞を増やす働きがあるため、バストアップ効果が期待できます。

美肌効果

woman-portrait-girl-cute

大豆イソフラボンには抗酸化作用という美肌を保つために欠かせない働きがあります。

紫外線やストレスにより、活性酸素が発生し、コラーゲンが酸化することで、美しい肌を保てなくなります。紫外線を浴びた肌は皮膚が硬くなり、シワなど皮膚の老化の一因になると考えたられています。

また、日焼けするとシミが増えるということも女性ならご存知ですよね。大豆イソフラボンの抗酸化作用が、活性酵素と戦い、コラーゲンの分解を防ぎます。スキンケア商品で大豆イソフラボン成分をうたっているものも数多く存在していますね。

便秘解消

きなこ100gあたり16.9g食物繊維が含まれています。国の調査によると、健康なお通じのためには1日20gの食物繊維を摂取するべきであると報告されています。

きなこは大さじ1杯で7gで、約1.2gの食物繊維が含まれていることになります。日々の食事に少しずつ取り入れるようにしていきましょう。

きなこの飲み方

きなこ+αでおいしく楽々栄養補給!

牛乳

milk-glass

大豆や豆乳などの味が苦手な方におすすめです。寝る前に、ホットミルクに溶かして飲んでみてはいかがでしょうか。

まろやかな風味は、心を落ち着かせてくれます。一気に入れるときなこがだまになってしまうので、少量ずつ溶かしながら牛乳にいれていきましょう。

豆乳

soy-milk-soy-bean

豆乳にも嬉しい効果がたくさん存在します。後述しますが、大豆イソフラボンの過剰摂取にならないようにだけ注意しましょう。

ヨーグルト

orange-yogurt

食べやすい組み合わせです。美容や健康によいとされているヨーグルトにきなこをプラスするのもおすすめです。

飲むタイミング

食事-ランチ-屋外

起床後、ブームになった白湯を飲んでいる方も多いと思います。しかし、白湯が苦手な方や飽きてしまった人は、きなこ牛乳やきなこ豆乳を飲むのがおすすめです。空腹の状態で飲むと、よりきなこの栄養を吸収しやすいため、嬉しい効果を実感しやすくなります。

また、食前30分前もおすすめです。先にお腹にものを入れておくことで、満腹感を得られやすくなるためです。また、血糖値の急な上昇を抑え、脂肪ホルモンと呼ばれるインスリンの分泌を抑えられるからです。この効果を得るためには、きなこ牛乳やきなこ豆乳にはお砂糖を入れないようにしましょう。

食事の直前や食事中に飲むのは、胃の消化機能を低下させ、痩せにくくなってしまうため、ダイエットをしている方はNGです。

過剰摂取はNG

female-hands-stop-attention

長期にわたって毎日75mg以上イソフラボンをとる過剰摂取となり、女性なら月経周期が伸びたり、男性なら体つきが丸みを帯びたりする恐れがあります。きなこ大さじ8杯分で75mgのイソフラボンの摂取となります。

豆乳の場合は100g当たり、20~25mgです。よって、毎日200gほどの摂取量なら問題なさそうです。きなこを豆乳に混ぜて飲む場合はこちらもよく考えて摂取するようにしましょう。

【こちらの記事も合わせて読みたい】

http://the-answers.com/health-benefits-of-switche

http://the-answers.com/calories-in-udon-noodles-and-how-to-eat-healthy

成功の秘訣!筋トレをより効果的にする睡眠時間を知ろう
筋トレ、食事、睡眠。 「筋トレもばっちり、食事だって気を使ってる…でも睡眠は…?」 最後に大切な要素、睡眠が抜けている方はいませ...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする