サンオイルの効果とは?綺麗な小麦肌になろう!使い方と注意点解説

サンオイルという言葉を聞いたことがありますか?

その名の通り、サンは日なので、日焼けしたいときに塗るオイルになります。

日焼けしたくても簡単に日焼けできるものではありません。

そんなときに日焼けの補助をしてくれるのがサンオイルなのですが、サンオイルは果たしてどれほど効果があるのでしょうか。

今回は、サンオイルの効果について解説していきながら、おすすめの時間なども紹介していきます。

日焼けの原理は?女子と男子にそれぞれおすすめの理由

では、まずは日焼けの原理について紹介していきながら、男女にオススメの理由を紹介していきます。

日焼けというのは「紫外線の影響」によっておこります。体は紫外線を嫌います。

体にあまり紫外線を吸収しないようにとメラニンという要素が紫外線を吸収してくれます。

そして、そのメラニンというのがたくさん紫外線を吸収しようとどんどんと増えていきます。

増えていきことによって、メラニン自体が黒いので肌もだんだんと黒くなっていくのです。

日焼けというのは肌に悪影響というようなイメージもあるかと思いますが、それはしっかりと対策をしてから日焼けをしていないからそのようなイメージがついてしまっているのです。

日焼けをすることによって、男性は健康体でスマートに見られますし、女性にとっても元気で明るく見られるのでオススメです。

綺麗に焼きたい人必見!サンオイルとは?

では、日焼けする前の対策というのは一体なんなのでしょうか。

それは、サンオイルを塗るということです。

サンオイルというのは日焼けをするために塗るというようなイメージがついていますが実際は日焼けをするときに肌が悪影響を受けないために綺麗に焼くために塗るものなのです。

サンオイルを塗るのと塗らないのでは全く日焼けの仕方が違ってきます。

綺麗にここを重心的に焼きたいというような場合でも対応することができるのでオススメです。

サンオイルの効果!日焼け止めの違いは?

では、サンオイルの効果というのはどのようになっていて、日焼け止めとの違いはどのような部分なのでしょうか。

<サンオイルの効果>

・紫外線のカット

・綺麗に焼ける

この2つがサンオイルの効果になっています。

サンオイルは肌を保護しながら、日焼けすることができるので肌を下手に傷つけることなく、綺麗に焼くことができるのです。

では、日焼け止めとの違いはというと、日焼け止めは肌を焼くときに使用するものではなく、あくまでも肌の保護、日焼け防止です。

なので、肌を焼きながら肌の保護もしたいという場合には、サンオイルを使用したほうがいいのです。

日光VS日焼けサロン!おすすめはどっち?

日光と日焼けサロンではどちらがオススメなのかというと、それはもちろん、日焼けサロンのほうです。

日焼けサロンの日焼けマシーンは紫外線をきちんと調節してありますし、変に偏っているわけではありません。

どうしても日光はその日によって紫外線の量も違いますし、バランスの取れた日焼けをすることができないので、日光はオススメできません。

薬局で買えるおすすめのサンオイル

薬局でも購入できるオススメのサンオイルについて紹介していきます。

コパトーン タンニングウォーター

サンオイルと言えばこれと言っても過言ではありません。

スプレータイプになっているので、一人でも簡単に塗ることができます。

また、ウォータータイプなので、塗った後もサラッっとしていて乾きやすくなっています。

サンオイル初心者でも使いやすいです。

サンキング サンタンローション

こちらはローションタイプなので塗ってから延びやすくなっています。

香りも程よくなっているので、日焼け止めの代わりとして使用している人もいるようです。

上記のコパトーンで慣れてきたら、このサンキングを使用してみてもいいのではないでしょうか。

このようにサンオイルにもスプレーやローションなど様々な種類があります。

自分で使いやすいほうを選んでみてはいかがでしょうか。

まとめ

サンオイルについて今回は紹介していきました。

今までは、サンオイルは日焼けするために使うものというようなイメージしかもっていなかった人もいるでしょう。

しかし、実は日焼けをするときに肌を保護しながら綺麗に焼くことができるのがサンオイルなのです。

皆さんもサンオイル一度挑戦してみてはいかがでしょうか。

こちらの記事も合わせて読みたい

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする