太ももの隙間はサイギャップって名前がつくほど美の象徴らしい…

ああ…神様…なんで私の脚はこんなに太いんでしょうか。

生まれてこの方太ももが痩せたなんて思ったこと1度もありません。

どうせならこんなムチムチ体型なんかじゃなくて、すらっとした、そう、太ももと太ももの間に当たり前に隙間ができるくらいの洗練されたボディがよかった。

こんな風に思う女子は世の中にたくさん、それはもうたくさんいるんじゃないでしょうか。

モデルくらい細い子も街では見かけますが、それと同じかそれ以上くらい、自分の体型に満足のいかない普通〜ぽっちゃり体型女子が溢れているのです。

でも普通体型女子だってモデル体型になるの、別にまだ諦めてないですよね?

誰しもいつかは太ももの隙間が生まれるくらい体の隅から隅までの余分な脂肪だけを取り除き、どんな服も着こなせるボディになりたい…そう思いながら日々過ごしているわけです。

さっきからチラチラと出している”太ももと太ももの間の隙間”という言葉。これ実は”サイギャップ”って名前があります。

由来はそのまんま。太もも(thigh)と隙間(gap)です。

このサイギャップが生まれるくらいの洗練されたボディ、目指して見ませんか?

サイギャップの魅力とその作り方についてお伝えします。

太ももの隙間「サイギャップ」が正直欲しすぎる件

まずはサイギャップの画像を実際に見てサイギャップモチベを高めましょう!

これがあるかないかでは見え方が大きく違います。

もちろん隙間がないむっちりボディがお好み方もいるかと思いますが、そういった方はこの記事をおそらく見てないと思うので、サイギャップがある方が魅力的だぜ〜って話を存分にしちゃおうと思います。

脚をぴったりくっつけてもこんなに綺麗に隙間ができる。まさに理想のサイギャップで女子憧れの美脚です。

我らがきいたんもバストはむっちりだけど太ももはしっかり締まっていて隙間があります。

な、菜々緒さま…菜々緒さまのサイギャップも見事です。

くびれも太ももも完璧。我らの最終ゴールはここにあります。

見れば見るほど欲しくなるサイギャップ。

「サイギャップなんて言葉はもともと海外の言葉だし、日本人は作るの難しいんじゃないの?」と思いたくもなりますが、ご紹介してきたのはほとんど日本人。(ダレノガレ明美さんだけハーフです)

日本人だからといって諦める必要はありません。

サイギャップの作り方

サイギャップの作り方はいたって普通。

特別なことはありません。

  1. 余分な肉を削ぎ落とす
  2. 内ももの筋肉を鍛えて引き締める

これに尽きます。

余分な太ももの脂肪を落とす

つまりはダイエットしようぜ〜〜!ってことです。

▲左から①②③④⑤

②や③のむっちりわがままボディのままでは当然サイギャップは現れませんし、①④も太ももの付け根周りはまだまだ脂肪がついているので、う〜んという感じ。

⑤はすらりとしていますが筋肉量が少ないせいか、締まりがないように見えます。

サイギャップを生むには脂肪を落とす必要があることがよくよ〜〜くわかりますね。謎のマッサージやるとか痩せるサプリとか飲んでる場合じゃありません。

正しい方法で確実に脂肪を落としていく必要があります。

太ももの脂肪を落とす方法はこちら!

  1. 消費カロリー>摂取カロリーの食生活のために毎日絶対カロリー記録 …これさえ守ればまず太らないし徐々に痩せていく
  2. 栄養バランスの良い食事(特にタンパク質を十分に摂る) …バランスよく食べると代謝がちゃんと行われるから痩せやすい/基礎代謝が落ちて痩せにくくならないように筋肉の栄養タンパク質はとっても大事
  3. 筋トレ(まずはスクワットだけでOK) …ダイエットして体脂肪が減ると筋肉も同時に減ってスタイルが悪くなるし基礎代謝も落ちて痩せづらくなる。だから1度にたくさんの筋肉を鍛えられるスクワットでリバウンドなし&モデル体型に!
  4. (有酸素運動)※←やりたい人だけでOK …なるべく早く痩せたい人は1日30分以内のランニングや縄跳びなどをしましょう。しなくても1〜3を守れば痩せます。

※大前提として太ももの部分痩せはできません。誰もが部分痩せしたいと思うものですが、太ももの筋トレをしてもマッサージをしても、太ももの脂肪に直接作用して燃焼することはありません。

消費カロリー>摂取カロリーの生活をする

まず1番大事なのが、①のカロリー記録。

自分がどれだけ食べたかを記録していないと、ついついカロリーオーバーしがち。

ご飯を控えているつもりなのに痩せないな〜という経験がある人もいるかもしれませんが、それは我慢したことは印象に残っているけれど、食べた分はあまり記憶に残っていないからです。

カロリー記録をきちんとして消費カロリー>摂取カロリーの生活を3ヶ月ほど続ければ、運動をしなくても必ず数kg痩せられます。

カロリー記録におすすめのダイエットアプリはあすけん。ぜひ今日から使いましょう!

栄養バランス重視の食事に改善

①さえ守っていれば、食事は全部お菓子でもいいのか。そんなことはありません。

主に健康面がヤバいのですが、「健康に良くないのでやめましょう」って言っても響きませんよね。

健康面以外にも、美しいスタイルになりたい人にとっては大問題が起きます。

確かに今までより摂取カロリーを減らせばその食事内容を問わず体脂肪が減り痩せることができます。

しかし同時に筋肉も減ってしまうのです。お菓子だけの食事だと筋肉の栄養タンパク質が不足した状態になり、これが大問題。

筋肉が減ると、皮膚にハリがなくなって全体的に締まりが無い体型になります。その上、筋肉が減ると基礎代謝も減るので、痩せづらい体型になってリバウンドもしやすくなります。

死ぬほど大問題じゃないですか?確かに細くはなるかもしれないけど、リバウンドしやすいし見た目悪いなんて嫌すぎます。

じゃあ、「タンパク質とお菓子だけで生活すればいいのか!」という考えも湧いてきますが、それもNG。栄養バランスの整った食事の方が、体内できちんと代謝が促されて脂肪が燃えやすいからです。

  1. 代謝を促す
  2. 筋肉量を出来るだけキープ

主にこの2つの理由から、ダイエット中に栄養バランスの整った食事が大切なんです。

筋トレ

筋トレをすれば筋肉量が増えるので、基礎代謝がUPします。

日々継続していくことで、より脂肪が燃えやすい体へとどんどん変化していきます。

筋トレは直接的に脂肪を落としてくれるわけじゃなくて、間接的に減らしてくれるということなんですね。

また同時に、体も引き締まるので、見た目への効果も抜群です。

筋トレ初心者さんはいきなりたくさんの筋トレをするのはハードルが高いと思います。たくさんできればいいですが、まず1番大切なのは継続すること

筋トレの王様といわれているスクワットを3ヶ月継続してください!

スクワットは、下半身を中心に全身を鍛えられるトレーニングで、筋トレの中で1番効率が良いトレーニングです。有名なだけあって効果も抜群なんです。

 
View this post on Instagram
 

パーソナルトレーナー 門脇妃斗未🇯🇵さん(@hiitmefit)がシェアした投稿

有酸素運動

出来るだけ早く脂肪を燃やしたい方は有酸素運動も追加しましょう!

1日30分程度の運動でOK!ランニング・縄跳び・水泳などのしっかり息の上がるトレーニングを行うと良いです。

40分以上やると脂肪ではなく筋肉がエネルギーとして使われて分解されてしまうので要注意です。

内ももの筋肉を鍛えて引き締める

太ももにたっぷり脂肪がついているうちはまだまだ内ももの筋トレをやってもわかりづらいのでやらなくてもいいです。

  • 脂肪はだいぶ落ちたけど締まりが足りない
  • まだまだ脂肪がついてるけどちょ〜〜〜っとでも引き締めたい

そんな方に積極的にやってほしいトレーニングを紹介します。

太もも内側の筋力アップトレーニング1

この「アダクション」というトレーニングを毎日継続しましょう。筋肉痛でどうしても痛むときや体調の悪いときはお休みして大丈夫です。

サイギャップができるほど引き締まった美脚になりたくないか

以上、太ももの魅力的な隙間「サイギャップ」の魅力とその作り方についてご紹介しました。

この通りにやっていただけば3ヶ月後には今とかなり違う太ももになっていることでしょう。今の太ももサイズを測って、数ヶ月後に比較してみるのもモチベーションが上がって良いですね。

こんな風にサイギャップの作り方を知っても、行動に移すのはほんの一握りの方です。大抵の方はスマホ片手に寝落ちして、せっかく得たダイエット情報は忘れてしまいます。

サイギャップのある美脚になりたいあなたは、今すぐダイエット計画を練ったり実際に筋トレを

ちょっとめんどくさいなって気持ちが湧いても「一旦このめんどくさい感情を殺して、とりあえずスクワットの体勢にだけでもなってみよう」とか「私は石原さとみ〜〜」とかふざけたことを念じてると、意外と簡単に行動に移せるのでおすすめです♡笑

理想の体型になれるよう応援しています。

\最適なダイエット方法がわかるおすすめ記事♪/

とにかく一刻も早く痩せたい人のための1番早く痩せるダイエット方法!
女子の中では「早く痩せたい!!」と思うのは日常茶飯事。 でも、早く簡単に痩せられる方法があったら、この世にデブはいないのもまた事実。 簡単じゃないことくらい誰だって分かっています。短期間で痩せるのはやっぱりかなりしんどいんです。...
"ゆっくり痩せる"ストレスフリーなダイエット方法で身も心も綺麗に
ダイエットはキツくてストイックなイメージが大きいですよね。 でもそれは短期間で痩せたいときだけの話。 ゆっくり痩せる。 それでも構わないのなら、ダイエットは余裕がありストレスフリーなものになります。 本記事は、ストレ...
"綺麗に痩せたい"を叶えるスローダイエット方法!食事改善と筋トレがポイント
「綺麗に痩せたい!!」 そう思った時にこれから何をしたらいいのかって難しいしわかんないですよね。 モデルさんも、最近は「細ければいい!」な感じではなく、女性らしい綺麗なシルエットで本当にスタイルがいいな〜って思う方も増えていて憧...
なかなか痩せない"ぽっちゃり"が今度こそ痩せる必勝ダイエット方法
ぽっちゃり。 デブというほど太ってはいないけど普通体型と呼べるかどうかといえば怪しい...そんな体型を指しますよね。 デブが痩せる方法は色々なところで見かけますが、ぽっちゃりがスリムな体型になるための方法ってなかなか見かけなくあ...
おデブ女子からモデルのようにスタイルが良くなるダイエット方法!
この記事はBMI25以上の肥満体型からモデルのようなスタイルを目指したい方に向けた記事です!! 今の体型にうんざりしている方!モデルのようなスタイルを手にして、一度きりの人生を心置きなく楽しみましょう! デブがスタイルを良くする...
ダイエット中の摂取カロリーはどれくらいが目安?絶対に痩せたい人の食事の決め方
ダイエットといえば食事制限! 普段の食生活をしっかり見直して、自分が痩せるために適切な食事量に変える必要があります。 とはいえ!ダイエットにはカロリーが大切ということがわかっていても、一体どれくらいのカロリーを摂取すればきちんと...
タイトルとURLをコピーしました