【療術師が伝授】腰痛の原因は足の左右差!?簡単ストレッチで改善しよう!

%e7%94%b7%e6%80%a7%e3%80%80%e4%b8%87%e6%ad%b3%e3%80%80%e5%be%8c%e3%82%8d%e5%a7%bf

東洋医学では腰のことを「肝腎要(かんじんかなめ)」と言って、とても重要視します。人体の腰は扇子の「要」(留め部分)のところと同じです。扇子の「要」が壊れると扇子は使えなくなります。人体も腰痛を起こすと身体全体が機能不全になります。典型的な例ですがギックリ腰になった時のことを考えてみて下さい。数日は殆ど身体を自由に動かすことが出来ません。今回は腰痛の最大の原因である足のダメージからくる腰痛を中心にして話を進めていきます。

この話を進める前に、皆さんに試しておいてほしいことがあります。それは左右の足の長さを測ってほしいのです。腰痛の話なのになぜと思われるかもしれませんが、誰でも左右の足の長さに差はあります。その足の長さの違いが腰痛の最大の原因なのです。上に例として出したギックリ腰の原因の一つでもありす。なぜ左右で長さが違うことになるのかは後で述べます。まず先に長さを比べてみましょう。

左右の足の長さを比べてみよう!

赤ちゃん 足

次の方法で、足の長さの左右差を知ることが出来ます。

1)フラットな床に腰を下して座ります。両足を伸ばします。つま先は腰の幅にします。

2)右手を伸ばして左足の親指をつまみます。

3)左手を伸ばして右足の親指をつまみます。

4) 2)3)の動作をした時どちらの足の親指がつまみやすかったですか。つまみやすい方の足が短くなっています。

このテストで左右の足の長さに差があることが分かっていただけたと思います。

足の長さはなぜ左右差がある?

sea-beach-vacation-couple

人は行動する時は必ず足を使います。歩いて躓く、走って転ぶ、飛び跳ねて捻挫や骨折と足は絶えずダメージを受けています。また老化は足からともいわれています。

上のダメージの中から骨折を例にして説明します。

■大腿骨の骨折: 約70日の加療を要します。

1)70日間、車椅子生活をすると足の筋力だけでなく身体全体の筋力が衰えます。

2)骨格は筋肉が支えていますので、全身の筋力が衰えると身体全体に悪影響が出ます。

3)宇宙飛行士が地球に帰還した時、車椅子を使わないと移動が出来なのと同じことが起こります。

4 )この症状を廃用性筋委縮症と言います。

これは極端な例ですが、躓く、転ぶ、捻挫や骨折などでダメージを受けた足は他方の足よりも必ず短くなっています。これが足の長さに左右差が出来る原因です。

それでは足が左右で差が出来ると、どうして腰痛の原因になるのかを検証してみましょう。

左右の足の長さの差は腰痛の原因に!

腰痛 女性

1)骨盤は足が支えています。だから短い足が支えている骨盤は長い足が支えている骨盤より低くなります。従って骨盤が水平ではなくなります。

2) 1)が原因になり上半身の体重が足の長い足の方に、短い足の方よりも余計に掛かります。

3) 2)の偏った体重の掛かり方で骨盤に歪みが出来ます。

4) 1)から3)までの原因で腰痛が起きます。

◆このような腰痛を腰痛症と分類しています。全ての腰痛の約7割を占めています。この段階でしっかりと修復しておかないと段々と酷い腰痛に進んでいきます。

次に自分が一人で出来るストレッチを紹介します。

足の長さをそろえて腰痛改善!誰でも簡単ストレッチ!

手足 伸ばす 女性

by Yang chen(TW)

用意するものは週刊誌一冊です。

1)フラットな床で壁に向いて座ります。つま先は腰の幅に広げます。

2)足の裏と壁の間に週刊誌を挟んでおきます。

3)短い方の足を踵から押し出すようにして壁に向かって伸ばします。

4)3)の時、伸ばさない方の腰を動かしてはいけません。

5)伸ばした足の方の膝を立てます。そのふくらはぎを両手でしっかりと揉み解します。

このストレッチは入浴後にするとより効果的です。毎日が理想ですが、2~3日に1回やるようにすると、効果が期待できます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする