疑問解消!筋トレでニキビが治る?それともできる?一体どっち!

「筋トレをし始めてから、ニキビができたような…?」

「筋トレを始めようと思うんだけどニキビができないか不安…」

そんな疑問を解消すべく、今回は筋トレとニキビの関係をご紹介します!

筋トレするとニキビが治る?

ニキビの原因の根本として、代謝が落ちて血液の循環が悪くなってしまうことが挙げられます。そのせいで、新陳代謝が乱れて、毛穴に皮脂や角質がたまってしまい、ニキビの元になる角栓ができてしまうからです。

汗をかくことで治る?

汗をかくことで、毛穴が開くので、ニキビの原因となる汚れを流してくれる効果があります。

同時に老廃物も流したり古い皮脂も押し出してくれるので、しっかりと拭き取ればニキビのできにくい肌を作ることができます。

ただ、不潔にしてしまうと、汗はニキビの原因にもなってしまいますので、要注意です。

筋肉量が増えて基礎代謝と新陳代謝が上がってニキビ予防・改善

筋トレを継続することで、基礎代謝があがります

基礎代謝…人が生きる最低限のエネルギー

新陳代謝…体内の細胞が生まれ変わる働き

肌が綺麗な状態になるためには、「肌のターンオーバーをよくしましょう」とよく聞きませんか?

新陳代謝が低下している肌は、汚れが蓄積しやすく角質層も厚くなってしまいます。肌に老廃物や垢が溜まりどんどんと肌状態が悪化してしまうことも。

肌の細胞が生まれ変わるサイクルを正しくする、これが新陳代謝を上げるということであり、すなわちニキビのない美肌の秘訣です。

この新陳代謝をあげるためには、基礎代謝を上げることが大切です。基礎代謝が高いほど、エネルギーを消費しやすい体になり、体の働きは活発になっていきます。すると、新しい細胞を生み出す新陳代謝も活発になるのです。

基礎代謝を上げる筋トレは、ニキビ改善・予防につながるというわけです。

筋トレするとニキビができる?

かいた汗を放置・汚いタオルで拭いてしまう

筋トレには直接関係がありませんが、重要なので、書かせてもらいます…!

ニキビの大きな原因のひとつに、不潔にしてしまうことがあります。

汗をかいたら清潔なタオルで拭くようにしましょう。

決して、汗をかいたまま放置したり、洗濯を怠ったタオルで拭いてしまったり…なんてことないようにしたいものですね。

菌の繁殖や肌荒れなどの原因にもなってしまうため、女性の方はメイクをしたままトレーニングすることもできるだけ控えるようにしましょう。

ジムでの雑菌

筋トレするのに最適なジムは、みんなが使うため、必ずしもいつも清潔というワケではありません。

人の手や汗が多く触れると予想される場所は、使う前に除菌シートで拭く、または、触った後に自分の手を消毒するなど、気を使いましょう。

雑菌のついた手で

ジムから帰ったらすぐにシャワーを浴びるようにしましょう。汗をかいたまま放置するとニキビの原因になります。

体のニキビで悩んでいる方はとくに気をつけたいですね。

細かいようですが、こうしたひとつひとつの気遣いが、ニキビを防ぐ事につながります。

男性ホルモンの分泌が増えてニキビ発生??

男性ホルモンの分泌でニキビができやすくなるということはよくいわれています。ニキビができる可能性は、筋トレをしないときより上がるという考え方はできるかもしれません。

しかし、常日頃筋トレをしているマッチョの方をみると、基礎代謝も高く、新陳代謝も活発なためか、肌がツヤツヤな方が多いので、筋トレをしたからニキビができる可能性が上がるから筋トレはしないほうがいいとは言いがたいかもしれませんね。

むしろ、ニキビ予防のために良い習慣だといえるでしょう。

筋肉をつけるための偏った食事が原因で、ニキビの原因になってしまうことはありそうなので、バランスの良い食事を心がけるようにしましょう。

まとめ

いかがでしたか?

不潔にさえしなければ、筋トレはニキビにとって良いものという事がお伝えできたかと思います。

ニキビで悩んでいる方は、筋トレを習慣化しましょう!

体が引き締まり、ニキビも治る、一石二鳥の体験ができますように◎

【こちらの記事も合わせて読みたい】

ヨーグルトパックは美肌やピーリング効果あり!やり方をチェックして今日から挑戦してみよう!
みなさんはヨーグルトパックをしたことはありますか? 新しいスキンケアに目がない方、いつも美肌のために良いことをしたいと思ってい...
筋トレ後に豆乳がオススメ!効果・量・タイミングを解説!
みなさんは豆乳をよく飲みますか? ただ好きだからという理由で飲んでいる人よりは、健康やダイエットに良いと聞いて飲んでいる方のほ...
シナモンの効果は健康・美肌って本当?ヨーグルトやコーヒーに混ぜて取り入れよう!
みなさんは普段シナモンを積極的に摂取していますか? よほどのシナモン好きでないとなかなか口にする機会が少ないと思います。 ...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする