筋トレ記録は成功のカギ!ノートの書き方やおすすめアプリを徹底紹介

筋トレをはじめたみなさん、記録はつけていますか?

「なかなかめんどうだし、つけてもそんなに使い道がないしな…」と思って、特につけていないという方や、なにを記録していいのかいまいちわからない方など…

筋トレに関する記録は実はかなり大切ですし、うまく活用することでより効果的な筋トレを行うことができます。

今回は、筋トレの記録をつけるメリットやそのつけ方をご紹介します!

筋トレ記録をつけるべき理由

成長が目に見えてわかる

「あのときはこの重さは上がらなかったのに今では楽々とあげられる」「あの種目が苦手だったが、うまく筋肉に効かせられるようになり、重さやレップ数が上がっている」

などなど、過去と現在の成長具合の比較ができるところが何より記録をつけることの魅力です。

成長が目に見えてわかると、挫折防止にもつながりますね!

トレーニングメニューを組みやすくなる

毎日部位を変えて筋トレを行っている方は、筋肉痛がある意味トレーニング記録になっており、今日はどこをやるべきかなどわかりやすいと思います。

しかし、毎日通える人ばかりではないはず。そんな方はつい最近どんなトレーニングをして、どのくらいの重さでどれくらいできたのかを記録しておくことで、その日はどんな

感覚があいていると忘れてしまうこともあるので、そんな方にとっては、まめに記録することがかなり重要になってくるかと思います。

自分がどんなトレーニングをやっていたのか把握せずに、なんとなくの重さやなんとなくの回数では、せっかくの筋トレが中途半端になってしまい、効率が悪くなってしまいます。

自分の日々のトレーニング内容や記録をしっかりメモしておくことで、やるべきトレーニングを把握しましょう。

自分の弱点がわかる

数値を並べて書くことで、どのトレーニングが比較的得意か、苦手かが、見えてくると思います。トレーニングメニューが組みやすくなるということに繋がりますが、どんなトレーニングを重点的に行わなければいけないのかがみえてくるはずです。

また、トレーニングをトレーナーにいざ見てもらおうとした時に、いままでの記録があったほうが自分の現状を的確にトレーナーに伝えることができ、より自分の理想の体型になるために最適な提案をもらいやすくなるでしょう。

筋トレ記録の効果的なつけ方

  • 日付(曜日や時間なども)
  • 体重
  • 行った部位
  • 行った種目・重さ(kg)・レップ数・セット数
  • インターバルの時間や、チート(チィーティング)

上記がトレーニング記録として、書くものの一例です。自分が必要としているデータを記入するようにしましょう。初めての場合は、日付、種目・重さ・レップ数・セット数がわかるようにさえ記入しておけば、記録としては十分だと思います。

ダイエット目的の方は、特に消費カロリーなどを記録しておくと、食べ物にも気を使えるようになり、結果に繋がります。

筋トレ記録アプリでつけるメリット・デメリット

  • 持ち運ばなくていい
  • 筆記用具もいらない
  • 計算や管理が楽
  • データを集計してくれる

などがあげられます。いつも使用する携帯のなかにアプリとして入れておけば、ノートとは異なり忘れてしまうことがありません。

携帯にメモをしといて、後でノートに入力するなど、という作業が面倒な人・忘れてしまいそうな人はアプリがおすすめです。

おすすめアプリ

フィットネスアーカイブ

iphone/Android

fitness-archive

筋トレ記録アプリです。

「細マッチョになりたい」「キレイに引き締めたい」などの目的別に簡単メニューを作成してくれる優れものです。

筋トレ記録をノートでつけるメリット・デメリット

ノートでつける一番のメリットは、携帯を触らなくてもいいと言うところです。
筋トレ中にささっと記録をつけたいけれど、ジムのマシンやダンベルを触った手で携帯に触りたくない!という方にはノートはとてもおすすめです。

携帯は持ち運びに便利ですが、ノートならささっと手軽に書けるので、記録も続けやすいです!

筋トレをするとき用のバッグがある方は、その中にいつも忍ばせておくようにすれば、忘れずにすみますね。

おすすめ筋トレノート

ゴールドジムのトレーニングノートは、たくさんの筋トレをする人に愛用されています。

小さすぎず大きすぎず、書きやすく持ち運びやすいサイズ感で、記録も手間取りません。

一見すると普通のノートみたいですが、トレーニングのアドバイスやRM換算表(MAX重量早見表)などもついているのでオススメです!

→RM換算表(MAX重量早見表)の参考はこちら

まとめ

いかがでしたか?

筋トレの記録をつけるメリットは、

  • 成長が目に見えて分かる
  • トレーニングメニューを組みやすくなる
  • 自分の弱点を知ることができる

でしたね。筋トレ記録として書く内容は、

  • 日付(曜日や時間なども)
  • 体重
  • 行った部位
  • 行った種目・重さ(kg)・レップ数・セット数
  • インターバルの時間や、チート(チィーティング)

などを基本に、その他メモしておきたいことなどを書いておけるといいですね!

ノートやアプリを有効活用して、筋トレの記録を自分にあったスタイルでつけて、筋肉の成長に役立てていきましょう!

【こちらの記事も合わせて読みたい】

【iPhone&Android】毎日の筋トレが劇的に楽しく快適に!おすすめアプリ傑作集!
筋トレをするときにスマートフォンのアプリは使っていますか? iPhoneでもAndoroidでも便利なアプリがたくさんあります...

http://the-answers.com/headphone-for-workout

http://the-answers.com/how-to-do-use-wheel-for-women

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする