筋トレ後のプールはダイエットに効果的!順番を守ってメリハリボディを手に入れろ!

child-pool-smile

近年、プール付きのスポーツジムが主流になっていますね。ジムに最近通い始めた方はどちらも利用してみようと考えると思います。無酸素運動である筋トレと、有酸素運動である水泳は、実は行う順番によって体へ及ぼす影響が異なります。今回は、筋トレと水泳の関係について解説します。

筋トレ→プールの嬉しい効果

筋トレ→水泳の順番がダイエットに最適!

stomach-measure%e3%80%80female

【エネルギーについて】

筋トレ→水泳の順番で行うようにしましょう。筋トレは無酸素運動、水泳は有酸素運動です。筋トレはおもに糖質をエネルギーにします。

有酸素運動は、グリコーゲン(糖質)と脂肪がエネルギーです。はじめは筋肉内にたくわえてあるグリコーゲン血中の糖質がおもに使われ、次第に血中の脂肪を利用する割合が多くなっていきます。個人差はありますが、有酸素運動を始めて20分ほどで脂肪の方がより使われるようになっていき、長時間の有酸素運動は脂肪燃焼効果が高いことが分かります。

【成長ホルモンの分泌】

筋トレをすると成長ホルモンの分泌量が増加します。それによって、脂肪燃焼率があがります。この成長ホルモンの中には、脂肪分解を活性化させる酵素が含まれていて、それが脂肪燃焼を促すからです。

したがって、筋トレで成長ホルモンの分泌量を増加させ、脂肪燃焼率が上がっている状態で、そのあとに脂肪燃焼効果のある有酸素運動を行うことで、より効果的なダイエットが期待できます。

リラックス効果

female-pool

筋トレ後に限りませんが、水に浸かることはリラックス効果が高いと言われています。身体全体が負荷から解放され、ふわふわと浮かぶことで、セロトニンという脳内の神経伝達物質が分泌されます。別名「幸せホルモン」とも呼ばれ、人間の心の安らぎのために重要な役割をします。日々お仕事や勉強で疲れている皆さん、筋トレ後のプールで美しい筋肉と癒しのひと時を手に入れてみてはどうですか?

「水泳→筋トレ」じゃダメ?

有酸素運動と無酸素運動の順番は目的によって最適な順序が変わります。有酸素運動を先にすると、筋トレで必要なエネルギーの糖質が先に使われてしまいます。その後筋トレをするとなると、身体は足りないエネルギーを筋肉から得ようとします。せっかく筋トレをしているのに、筋肉が分解されてしまう状態(カタボリック)になってしまいます。筋肥大を目的とするなら、やはり筋トレ→有酸素運動の順番がおすすめです。

ただ脂肪を燃焼させることを目的とする場合は有酸素運動のみでも達成できますが、程よく筋肉の付いたメリハリボディを作りたいというのであれば、筋トレ→有酸素がおすすめです。子の順番の方が筋肉がつきやすいといえるでしょう。

運動後は必ず栄養補給

meet-food-fork

筋トレ後は、筋肉を作るために、栄養補給を欠かさないようにしましょう。筋トレ後に筋肉を作るための栄養をしっかり補給することで、筋トレの効果を最大限にすることができます。プロテインが有名ですが、豆乳ブロッコリーなどもおすすめです。また、都合上どうしても、有酸素運動が先になってしまう場合は、有酸素運動の後にプロテインで栄養補給をし、1時間ほど空けてから(栄養を吸収させるための時間)、筋トレを行うようにするといいでしょう。

いかがでしたか?筋トレ→水泳は、筋肉を程よくつけた引き締まった体を目指すという観点からいうと、最適であるといえるでしょう。必ず、どの場合にもこの順序が良いというわけではなく、自分の目的に沿って柔軟に対応させていきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする