最強の高タンパク食・ささみは筋トレに欠かせない!食べるべき量やレシピ紹介

筋トレ

高たんぱく・低カロリーで有名なささみ。筋トレやダイエットをしている人が積極的に食べているイメージがあります。

ささみはどんな栄養があって、筋トレにどんなメリットをもたらしているのでしょうか?

今回は、ささみが筋トレにおすすめな理由と食べ方をご紹介します。

ささみは高タンパク低カロリーで筋肉をつけたい人に最適

筋トレをする場合は体重×1.5〜2gのたんぱく質摂取が望ましいとされています。体重が50kgなら1日75〜100gの摂取になりますね。

どんな食品にどれくらいのたんぱく質が含まれているかチェックしましょう。

タンパク質含有量カロリー
ささみ(100g)23g229kcal
牛肉(サーロイン100g)17g298kcal
豆腐(100g)4.9g55kcal
豆乳(100ml)3.6g45kcal
卵(1個)6g77kcal

高タンパクな食べ物を選ばないと効率よく摂取出来ないことが分かりますね。ささみはずば抜けてタンパク質量が多いので積極的に食べたいところです。

タンパク質の含有量を見ると、牛肉でもよさそうですが、牛肉のカロリーは100gあたり298kcal。ダイエット目的の筋トレでタンパク質を摂取したい場合は圧倒的に低カロリーなささみの方がおすすめです。

sponsored link

ささみの基本の食べ方

ささみの調理法は難しくありません。

スーパーでも簡単に入手できるので購入してみましょう。

ささみにはすじがあるので、すじとりのささみを選ぶとそのまま調理ができてとても楽です。

すじがあっても大した手間ではなく、覚えれば簡単に取れるのでぜひチャレンジしてみましょう。茹でてもいいですし、面倒なら耐熱容器にいれてレンジでチンしてもいいです。

その後、手で割いて、野菜や海藻などと混ぜてサラダとして食べるのがおすすめ。ドレッシングは低カロリーのものを使用しましょう。

また、玉ねぎとみりん・醤油・酒・砂糖などで味付けして炒めるという食べ方も美味しいのでおすすめです。

筋トレする人におすすめなささみレシピ

超柔らかささみレシピ

ブロッコリーと合わせて筋トレ飯に

レンジで簡単ささみチャーシュー

たまにはおつまみ風で贅沢に

まとめ

以上、筋トレをする人がささみを食べるべき理由を紹介しました。

野菜と同じように意識して取らないとタンパク質は適量とることができません。ささみや豆乳、卵などを組み合わせて、1日の摂るべき量を満たしていきましょう。

筋トレに必要な栄養素はタンパク質だけではありません。ささみだけ食べていればいいというわけではなく、他の食材も一緒にバランスの取れた食事を心がけるようにしましょう。

【関連記事】

プロテインの女性に嬉しい効果と飲み方。正しく活用して内側から綺麗に!
プロテインの女性に嬉しい効果と飲み方を解説します。正しく活用することで憧れの女性らしい体つきになれます。「飲んでみようかな?」と思ったときに知りたい情報をまるっとお届け!
タイトルとURLをコピーしました