ゴムバンドの腹筋筋トレメニューリスト決定版

ゴムバンドでやるトレーニングといえばスクワットやがに股歩きなど下半身の筋トレが有名ですが、実は「腹筋」を鍛えるのにもとっても役立ちます。

短めでリング状なゴムバンドだからこそやりやすい、腹筋を鍛えるのにおすすめなメニューをご紹介します!

ゴムバンドの腹筋筋トレメニューリスト決定版

ゴムバンドで出来るおすすめの腹筋の筋トレメニューを4つ厳選しました。

  1. クロスレッグレイズ【腹直筋下部】
  2. バイシクルクランチ【腹直筋下部&腹斜筋】
  3. サイドクランチ【腹斜筋&腹直筋】
  4. マウンテンクライマー【腹直筋】

鍛えたい部位に合わせて、種目を選びましょう。まんべんなくやると、全体的に引き締まったウエストになります。

sponsored link

クロスレッグレイズ

鍛えられる部位腹直筋下部

まずは1番簡単な「クロスレッグレイズ」。

両足首にバンドを通して寝転がって、足を交互にクロスさせながらゆっくり上下を繰り返すだけ。動き方はとっても簡単なので、初心者におすすめです。

簡単と言っても、下腹部にはしっかり効くので、バッチリ筋肉痛になります。

point

  • 下がったときに足を床につけない&力を抜かない
  • 腰を痛めないよう注意

バイシクルクランチ

鍛えられる部位腹直筋下部・腹斜筋

自転車を漕ぐような動きをする「バイシクルクランチ」。これ、超キツいです。

普通のいわゆる「腹筋」や動きと違って、「ひねり」の動作が入るので筋肉がよく伸縮するため、より効果が高いところがバイシクルクランチのおすすめポイント。

レッグレイズよりもちょっぴり動き方は難しく感じる人もいるかもしれませんが、正しいフォームに慣れればしっかり腹筋を鍛えることが出来ます。

point

  • 動作はゆっくり
  • 難しければ最初は足を伸ばし切らなくてもOK

サイドクランチ

鍛えられる部位腹直筋・腹斜筋

こちらは「サイドクランチ」。

両足首にゴムバンドを通して横向きに寝転がって、上側の足を膝を曲げて引き上げるような動きをします。

腹筋を片側ずつ鍛えるイメージです。脇腹も引き締まるトレーニングなので、くびれを作りたい人にもおすすめ。

マウンテンクライマー

▲クリックするとマウンテンクライマーのやり方のパートから再生されます

最後にご紹介するのは「マウンテンクライマー」。

両足にバンドを引っ掛けた状態で、四つん這いで山を登るような動きをします。

グッと腹筋に力を入れないと、膝をお腹の方へ引き寄せられないので、かなりお腹に効くトレーニングになります。

まとめ

ゴムバンドで出来るおすすめの腹筋の筋トレメニュー4つをご紹介しました。

全部の種目が腹筋に効きますが、それぞれ違う姿勢や動きなので、腹筋に入る刺激も異なります。

1つの種目に慣れたら、同じトレーニング種目ばかり続けるのではなく、いろんな種目を組み合わせるのがおすすめ!

ゴムバンド1つあるだけで家で出来る手軽なトレーニングが更に効果的になります。定期的に続ければ、1ヶ月後には「あれ?なんか変わったかも」と変化を感じ、3ヶ月後には「変わったな!」と思えるようになります。

ゴムバンドトレーニングでぜひこの違いを実感してください。理想の体型になれるよう、応援しています!!

タイトルとURLをコピーしました