ゴムバンドの下半身筋トレメニューリスト決定版

筋トレ

ゴムバンドは1本あるだけで全身を鍛えることが出来ます。下半身も例にもれずバッチリ鍛えられるメニューがたくさん!

今回は、ゴムバンドで下半身を鍛えたい人におすすめなトレーニング種目をご紹介します!

ゴムバンドの下半身筋トレメニュー

ゴムバンドで下半身を鍛えるのにおすすめな筋トレメニューはこの5つ。

  1. ワイドスクワット
  2. バックランジ
  3. バックキック 
  4. クラムシェル
  5. アブダクション

どれも太ももやお尻に効くトレーニングです。スタイルアップには欠かせない部位ですよね。

太もも&お尻は全身の中で大きな筋肉ツートップだから、鍛えると全身の筋肉量が効率よくアップして痩せやすい体に!

ワイドスクワット

鍛えられる部位太もも・お尻

ゴムバンドを買ったらまず最初に試して欲しいのがこの「ワイドスクワット」。スクワットの足幅が広いバージョンで、内ももに刺激が入りやすいトレーニングです。

ゴムバンドをつけていることで足を開き続けるのに力が必要になります。何もつけないスクワットよりもさらにお尻の筋肉を使わなきゃいけないので、お尻の筋トレ効果抜群!

バンドをつけてスクワットをすると、太ももや内ももはもちろん、お尻に超刺激が入るので、1度にたくさんの部位が鍛えられて超お得なトレーニングですよね。

「何からやっていいかわからない」「とにかく1番効くやつをやりたい」そんな方は、とりあえずゴムバンドでワイドスクワットをやっておけば上出来!

バックランジ

鍛えられる部位太もも・お尻

足を一歩後ろに踏み出す動作の「バックランジ」。ゴムの抵抗感で、ただ後ろに踏み出す動作だけでも一苦労。お尻をがっつり鍛えられます!

バックキック

鍛えられる部位お尻(大臀筋)

お尻をメインに鍛えられる「バックキック 」。

脚を下ろしたときに、膝や爪先が床につかないように注意しましょう。1回1回床につけてしまうと、負荷が逃げてしまって、楽すぎて効果の薄いトレーニングになってしまいます。

動作を終えるまで床に着けないように意識してください!

sponsored link

クラムシェル

鍛えられる部位お尻(中臀筋)

寝転びながら出来ちゃうお尻のトレーニング「クラムシェル」。

クラムシェルの動きで鍛えられるのはこの「中臀筋」。スクワットやランジでメインに鍛えられる「大臀筋」の下にあります。位置的にはお尻両サイド上側。

綺麗な丸いお尻になりたい人は、この中臀筋も鍛えるとより完璧なお尻に近づけます。

寝転んで出来ちゃうので、ドラマやYoutubeを見ながらの『ながら運動』が叶います。時間を有効に使えますね。

アブダクション

鍛えられる部位お尻(中臀筋)

「アブダクション」は座りながらできるゴムバンド筋トレ。メインターゲットは、クラムシェルと同じくお尻で、特に中臀筋です。

足にバンドを通して開閉するだけの超簡単な動きですが、実はあなどれません。

地味ですが、テレビでも見ながらコツコツ続けていたら、お尻のシルエットが変わってくるのを体感できるはず。

まとめ

ゴムバンドの下半身筋トレメニュー決定版として、5種目紹介しました。

自分が気になる部位のメニューを選んだり、気分で変えたりしながら、コツコツ続けてください。3ヶ月くらいするとかなり筋トレ効果を実感できて、見た目の変化も感じられるはずです。

何からやっていいかわからない人は、とにかくスクワットだけでも毎日〜3日に1回くらいの定期的な頻度で続けることをおすすめします!

このリストが参考になった方は、トレーニングを忘れちゃったときにまた見られるように、ブックマークに保存しておいてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました