ユーリ!!!のクリス似と噂のアダム・リッポンの筋肉が美しい!インスタ画像で彼の魅力に迫る!

2016年グランプリシリーズに出場していたフィギュアスケートのアダム・リッポン選手は、他の選手とは一味違う独特のセクシーさがあり、ファンの多いスケート選手です。素晴らしい演技に加え、しなやかな筋肉を持つスタイルはファンの心をグッと掴んで離さない要因となっています。

また、2016年冬の大人気アニメ「ユーリ!!!onICE」に登場する、スイスの選手クリストフ・ジャコメッティの雰囲気が彼に似ていると、アニメを楽しんでいる人々の間でも密かに話題に。

今回は、アダムリッポンとは何者なのか、彼のしなやかで美しすぎる筋肉についてご紹介していきたいと思います。

フィギュアスケート選手アダム・リッポンのプロフィール

Thank you, Chicago! Great time at #skateamerica2016. Onward and upward 💁🏼‍♂️💃🏼😘

Adam Ripponさん(@adaripp)が投稿した写真 –

アダム・リッポン(英語: Adam Rippon, 1989年11月11日 – )は、アメリカ合衆国ペンシルベニア州出身のフィギュアスケート選手(男子シングル)。

2016年全米選手権優勝。2010年四大陸選手権優勝。2008年、2009年世界ジュニア選手権連覇。

母子家庭の6人兄弟の長男(弟3人、妹2人)で、母親は元バレエダンサー。貧しいながらも温かい家庭で育った。長男としての責任感が強く、子供のころから母親の手伝いをしていた。マイケル・ワイスの奨学金を受け取っている。生まれた時は耳が聞こえなかったが、幼いころイェール大学で手術を受け、現在はほぼ問題なく聞こえる状態。憧れのスケーターはミシェル・クワン。

“リッポン・ルッツ”と呼ばれる、両手を伸ばしての3回転ルッツジャンプと、柔軟性を活かしたドーナツスピンが特徴。

2015年10月、アメリカのフィギュアスケート誌『SKATING』電子版にて、「いいロールモデルになれれば」とゲイであることをカミングアウトした。ーwikipedia

インスタより!アダム・リッポンの美しい筋肉

本人のインスタグラムより、しなやかな筋肉が魅力的な画像をご紹介します。

I can’t swim 🏊

Adam Ripponさん(@adaripp)が投稿した写真 –


海辺で水着姿のリッポン選手。
波打ち際でサングラスをかけて歩く姿はもはやモデル…!
割れた腹筋、たくましい大腿四頭筋(太ももの前の筋肉)やふくらはぎのラインが男らしいのに、全体的に見るとしなやかなラインが見る人を魅了します。

go and VOTE 🇺🇸 #imwithher

Adam Ripponさん(@adaripp)が投稿した写真 –


海辺での別ショットです。
主張しすぎていない大胸筋や肩回りの程よい筋肉量が、フィギュアスケート選手ならではの美しさです。

Two heads are better than one 👱🏻👴🏼

Adam Ripponさん(@adaripp)が投稿した写真 –


上半身がマッチョほどではないちょうどいい筋肉量なので、Tシャツを着ていても筋肉の主張が激しくないです。
かっこよすぎます…!

Start your engines 🏋🏼 #showmehealthy

Adam Ripponさん(@adaripp)が投稿した写真 –


僧帽筋や三角筋、上腕二頭筋、上腕三頭筋、すべてが完璧なバランスで程よくがっしりついています。
少し浮いた血管や真剣な顔立ちもグッときますね!

グランプリシリーズ2016の演技は?

【アメリカ大会】
SP: 87.32(2位)

FS:174.11(3位)

合計:261.43(3位)

【フランス大会】
SP:82.25(4位)

FS:182.28(2位)

合計:267.53(3位)

フランス大会ではフリーの得点で、パーソナルベストが出ました。

【グランプリファイナル/マルセイユ】

ユーリオンアイスのクリスが彼に似ている!?

ロシアのスケート女王エフゲニア・メドベージェワ選手もお気に入りのアニメ「ユーリ!!!onICE」ですが、実はアダムリッポンもこのアニメを鑑賞しており、雰囲気が自身ににていると話題のクリスについて言及していました。

「クリスのようになりたい」そんな意味合いがあると考えられます。

また、ユーリオンアイスのフィギュアスケートアニメーション担当の立中順平さんが彼のイラストをツイッターで公開しています!


いかがでしたか?
彼の美しい筋肉を見て、更にファンになった方、もう目が離せなくなってしまった方も多いでしょう。

自分もスケート選手のようなしなやかな筋肉のついた身体になりたいと思う方も多いと思います。

筋トレを普段からあまりされていない方は、自宅でできる筋トレから始めてみてはいかがでしょうか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする