大胸筋を鍛えられる腕立て伏せはバストアップに効果的!

バストアップ。女子の永遠の課題ですよね。

自分の努力でなんとかして、バストアップしたいと感じている方がこの記事を読んでくださっていると思います。

今回はそんなバストアップに関して気になる項目、「バストアップと腕立て伏せの」に注目して、

  • 腕立て伏せはバストアップになぜ効果的なのか?
  • どんな人におすすめか?
  • バストアップに効果的な正しい腕立て伏せのやり方

を紹介します!!

理由が分かれば、より納得感をもってトレーニングできるため、継続に繋がり、ハリのある美しいバストに近づくことが出来ます。

ぜひチェックしていってください!!

バストアップに腕立て伏せがおすすめな理由!効果はある?

大胸筋が鍛えられる筋トレだから

大胸筋を鍛える=バストアップと聞くと、なんで?と疑問に思う方も多いと思います。

ポイントだけ紹介すると、大胸筋を鍛えることで、

  • バストを支える土台になり、ふっくらバストに
  • 上向きでハリのあるバストに
  • クーパー靭帯の負担を軽減して、たれ防止

といった嬉しい効果が期待できます。

もっと詳しく知りたい方は、バストアップに期待大!大胸筋の筋トレが美バストに超おすすめな理由をチェックしてください!!

道具不要!自宅で手軽にできるし、合掌ポーズより効果的!

大胸筋を鍛えることで、バストアップ効果が期待できるということはわかりました。

でも、どうして腕立て伏せがいいんでしょうか?

大胸筋を鍛えられるトレーニングだったらなんでもよさそうですよね。なんならダンベルを使って鍛えたほうがずっと効果的なんじゃないかな~って。

その通りです。ダンベルやバーベルを使ったウエイトトレーニングで大胸筋を鍛える方がずっと効率的です。

では、腕立て伏せのメリットは何なのか。それは、自宅で手軽にできてしまうのに効果が高いこと。(例えば、胸の前で合掌するポーズなどもバストアップトレーニングとして有名ですが、腕立て伏せの方が自分の体重が大胸筋に刺激を与えるためずっと効果的です。)

ウエイトトレーニングは、ダンベルを用意するか、ジムに入会するかなどして、環境を整えなければなりません。(これが余裕な方は腕立て伏せではなく、ウエイトトレーニングを選んだ方がおすすめです。バストアップだけでなく、全身のボディメイクを本気で取り組みたい方は、いっそダンベルを買ったり、ジムに入会したりした方がより効果的です。)

でも、全員が全員そんなわけないですよね。

忙しくて時間が取れない、お金がない、ダンベルを置く場所がない、心理的ハードルが高い…などなど様々な理由から、ウエイトトレーニングに手が出ない方が多いです。

自宅で今すぐにでも始められる腕立て伏せは、そんな方々にぴったりです。

これを読んで、自分に腕立て伏せがぴったりだ!そう感じた方は、ぜひ続きを読み進めて、バストアップに効果的な腕立て伏せのやり方を習得していってくださいね。

目指せバストアップ!腕立て伏せのやり方!手の向きは?

1.肩幅より少し広めに床に手をつき、足を延ばす

ー腹筋に意識を集中させて、頭から足までを一直線に保つ

2.肘を曲げ、息を吸いながらゆっくりと体を倒していく

3.床につく直前まで下げたら、そのまま1秒間体勢を維持します

4.その後、息を吐きながらゆっくりと地面を押し上げて元に戻す

5.10~20回×3セットを目安に行う(セット間に30秒~1分間のインターバル

バストアップ目的の腕立て伏せの回数は?

まずは、10回×3セットを目指しましょう!!

10回出来たら、11回、12回と回数を増やしていきます。限界を感じる回数まで行うのを目標にしましょう。

腕立て伏せが出来ない場合は壁や膝つきから!

膝つき腕立て伏せ

筋トレや運動経験の少ない女子の大半は、腕立て伏せが出来ない!という方も多いと思います。

そんな方は、膝をついて行うのがおすすめです!!

壁立て伏せ

さらに難易度を下げた壁立て伏せというのも存在します。

膝つきや壁立て伏せで慣れてきたら、本格的な腕立て伏せに挑戦していきましょう。

バストアップ腕立てポイントまとめ

いかがでしたか?

ポイントをまとめると、

  • 自宅で手軽にバストアップを目指したい方におすすめ
  • ダンベルやジムに抵抗がない方は、ウエイトトレーニングで大胸筋を鍛える方が効率的
  • 腕立て伏せが出来ない場合は、壁立て伏せや膝つき

といった感じですね!

理想のバストを目指して、ぜひ頑張ってくださいね◎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする