天使の羽の作り方!筋トレ&肩甲骨はがしストレッチで美しい背中へ!

筋トレ

最近テレビで話題になった「天使の羽」ご存知ですか?

ヴィーナスのえくぼとともに美しさの証として、注目を集めています。

今回は、そんな天使の羽根とは一体なんなのか、そして、その美しさの証、天使の羽の作り方を徹底解説します◎

sponsored link

天使の羽(天使の羽根)とは?

天使の羽」とは、背中の肩甲骨が埋もれておらずに、綺麗な形で現れている状態のことを指します。

この天使の羽があると、美しい背中になれるため、背中のあいたドレスや水着などを美しく着こなすことが出来ます。

鏡ごしに自分の背中には、「天使の羽」があるかどうか、チェックしてみましょう!くっきり綺麗にあった方は自分の背中に自信を持って、素敵なドレスを着こなしていってください!

「あまりはっきりしていない…」「埋もれていた…」という方も大丈夫!!

今回ご紹介する、筋トレや肩甲骨を柔軟にする肩甲骨はがしのストレッチを継続して行って、美しい背中を手に入れちゃいましょう!!

どれも今日から手軽に始められるものばかりですよ◎

天使の羽の作り方①肩甲骨はがしストレッチ

肩甲骨が美しく現れるためには、肩甲骨の柔軟性が重要です。凝り固まっている方は、なかなか、綺麗に出ません。この凝りを解消する事は、肩こりの解消にもつながります。

頭上で、タオルがピンと張るように両手で持つポジションから始まる、2つのストレッチを紹介します。

A タオルのハリをそのまま保ち、肘を曲げて頭の後ろにタオルが行くように下ろす

B ゆっくりと左右交互に倒れる動きをする

point!

どちらのエクササイズも「肩甲骨が動いているな〜」ということを意識しながら行う事が大切です。じっくりゆっくり効いているのを感じましょう。

痛みが出た場合には、無理して行わずに、一度病院で相談しましょう。

肩こりにも効くストレッチなので、お悩みの方にはよりおすすめです!

天使の羽の作り方②筋トレ:ラットプルダウン

スポーツジムでできるこのトレーニングは、広背筋を鍛えることが出来ます。

広背筋を鍛えるこの動かすことでストレッチになり、肩甲骨を柔軟にすることが可能です。

広背筋を鍛える事は、天使の羽を作るだけでなく、引き締まった美しいシルエットの背中を作る事ができます。より綺麗な背中を目指したい方には欠かせない筋トレです◎

  1. ラットプルマシンに座る(自分に合った椅子の高さに調整する)
  2. 肩幅より少し広めくらいの位置でバーを順手で握る
  3. 息を吐きながら、肩甲骨が寄っていくのを意識してバーを引き寄せる(背中は反らし気味に)
  4. ゆっくり元のポジションに戻す
  5. 完全に戻しきる直前で、また胸元へ引き寄せるようにする

限界を感じる回数×3セット行いましょう。

重さは10回出来ないくらいの重さを想定して、12回くらいこなすようにすると、背中にぐっと効いてきます。

まとめ

いかがでしたか?

天使の羽は、美しい背中には必ずある魅力的な美の証でしたね。

ヴィーナスのえくぼも合わせて、チェックしましょう!

もし背中の脂肪が多く肩甲骨が見えるにはまだまだ…!そんな方は背中痩せ筋トレをチェックしてみてください!

素敵な背中を手に入れて、毎日が楽しく過ごせますように◎

【関連記事】

ヴィーナスのえくぼができる理由と作り方!筋トレとダイエットが効果的
ヴィーナスのえくぼとは腰にある2つのくぼみのこと。出来る原因は主に遺伝。生まれつきあるけど見えにくい人は、筋トレで目立たせることが出来ます。脂肪で埋もれることもあるので、その場合ダイエットも効果的!
太ももの隙間はサイギャップって名前がつくほど美の象徴らしい...
...
見えそうで見えない危うさが魅力♡セクシーなビキニブリッジの作り方
ビキニブリッジはビキニを着た時にできる布と肌の隙間のこと。2014年頃より海外に登場したスラングで、とてもセクシーです。作り方と映えやすい撮り方を紹介します!
タイトルとURLをコピーしました