ジムに行くのが恥ずかしい…恥を忘れ本気でダイエットに夢中になる方法

ダイエット

汗をかきながら必死で運動している自分や、運動音痴でたどたどしい動き方をしてしまう自分の姿。

自分がジムで運動する姿を想像すると、どうしても恥ずかしいと思ってしまいますよね。

とにかく今の体型で運動をしてるところを誰かに見られるのがとっても恥ずかしい!でも、そんな恥を乗り越え、理想の体型を手に入れるのは大きな価値があります

ジムに行く恥ずかしさを解消するには、ちょっとした工夫が大切。恥ずかしい気持ちを最初から完全になくすのは難しいけど、恥ずかしくない工夫をすればだんだん慣れてきます。

なんとか「恥ずかしさ」を解消して、ダイエット成功への第一歩を踏み出しましょう!

ジムに行くのが恥ずかしいはあるある

「ジムに行くのが恥ずかしい」と思っているのは、あなただけではありません!

こんな風に恥ずかしいと思っている人はたくさんいますが、そんな中でもその気持ちを吹き飛ばして頑張っている人も。

ちょっと勇気がわいてきませんか?

ジムに行く恥ずかしさを忘れてジムに行く方法

ジムに行く恥ずかしさは、ちょっと手間を加えたり、少し見る角度を変えてみたりすることで、意外と簡単に解消できます。

  1. とりあえず無になってジムに行く
  2. 友達と一緒に行く
  3. シルエットの出ない服でごまかす
  4. 痩せた自分の姿を想像する
  5. 「ジムで恥ずかしいのは一瞬、デブで恥ずかしいのは一生」と考える
  6. 「他人はあんまり自分を見てない」と考える

とりあえず無になってジムに行く

恥ずかしい気持ちをいったん忘れてみましょう。

とりあえず一旦忘れたことにして、ジムに通うために必要な行動を少しずつ起こしてみるんです。

  1. 通うジムを調べる
  2. いつジムの体験・見学に行くか日程の候補を考える
  3. ジムの体験に申し込む
  4. ジムで使うウェアやタオル、聴く音楽を用意する
  5. ジムの体験当日、ジムに向かう

こうやって、恥はとりあえず置いておいて、1つ1つジムの体験に行くための準備をしてみます。

どうしても当日恥ずかしくなったら行かなくてもいいって思いつつ、着々と準備を進めます。

そのうち恥の気持ちよりも行きたい気持ちが強くなるかもしれません。

体験してみたら意外と恥ずかしくなかったりして、恥ずかしさに悩んでいたことがバカバカしくなっちゃうなんてことも。

とりあえず恥を忘れる作戦、意外と効きますよ。

友達と一緒に行く

友人に思い切って「ついてきて!」とお願いするのも1つの手。体験なら2人で行ってもOKです。

信頼する友人が一緒にいてくれるとリラックス出来て、恥ずかしい気持ちを忘れられます。

シルエットの出ない服でごまかす

今の体型を誰かに見られるのが恥ずかしいなら、身体のラインが出にくいウェアを選びましょう。結構気分が変わりますよ!


Sponsored Links

恥ずかしい想像よりも痩せた理想の自分を想像する

ジムで運動する自分の姿を1度想像してしまうと「恥ずかしくて行きたくない」思いでいっぱいになってしまいます。

そんなときは自分の運動姿じゃなくて、とにかく理想体型を思い浮かべてください

憧れの芸能人やモデルなどの理想の体型を思い浮かべて、こんなに素敵な体型だったら、

  • もっと自分に自信を持てる
  • 諦めてた華奢なデザインの服や水着も可愛く着られる
  • 堂々と写真に写れる
  • 好きな人に告白できる
  • 彼氏や旦那さんに「頑張ったね、綺麗になったね」と言ってもらえる

などなど、「理想の体型になったら今の自分と違ってどんなことが叶うのか」を考えてみてください。

「恥ずかしい」よりも「ジムに行きたい」と思えませんか?

ジムで恥ずかしいのは一瞬、デブで恥ずかしいのは四六時中

ジムで恥ずかしい思いをするのは一瞬。

でも、理想の体型ではない自分で居続けるのは、その居続けた時間の分だけ損をしていることになります。

理想の体型だったらできた経験が、時間の経過とともに失われます。

例えば、本当は可愛いビキニを着たいけど、毎年体型を隠せるワンピースタイプを着ているとか。2021年の夏は1回しか来ないから、着られなかったら損ですよね。

今の体型のままで居たら、いろんなチャンスを年々逃してしまうのです。

こう考えれば、恥ずかしい云々よりもジムで頑張ろうと思えるでしょう。

【極論】他人は自分が思うほど自分に興味がない

ここまでちょっぴり厳しいことを書きましたが、極論「恥ずかしい」と思う必要もないとも考えられませんか?

ジムのスタッフも、来ている会員も、大体は自分の仕事や運動のことしか考えていません。

「誰も自分のことなんて見ていない」と心の中で唱えて、お気に入りの音楽なんて聞いてしまえばもう自分だけの世界になっちゃいます。

どうしても恥ずかしいならパーソナルジムもアリ

どうしても恥ずかしいなら、完全個室のパーソナルジムという選択肢もアリ。

スポーツジムだと色んな人の目が気になってしまうけど、パーソナルジムならトレーナーと自分の2人だけ。ジムに行くのが恥ずかしいと思っている人にぴったりです。

トレーナーは今までにたくさんあなたと同じような人を見てるから、偏見も当然なし。運動音痴でも太っていても気にしません。親身にサポートしてくれること間違いなしです。

さらに最近は色んなパーソナルジムが登場していて、以前よりずっと安価&安心してトレーニングサポートを受けられるようになってきています。

おすすめのパーソナルダイエットジムを厳選しているので、気になったらぜひチェックしてみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました