ローソンのブランパンは食べ過ぎたら太る!ダイエット中の太らない食べ方伝授

ダイエット

ローソンの大人気商品「ブランパン 2個入」。よくダイエット向きのパンとして紹介されているのですが、「本当にダイエット向きなのか」「太るんじゃないか」と気になってしまいますよね。

結論から言うと、 ブランパンはダイエット向きで太りにくいけど食べ過ぎたら太るから要注意

パンの中では比較的腹持ちが良いですが、やっぱりパンなので食べ心地は軽め。ダイエットに良いと調子に乗って食べ過ぎるとカロリーオーバーで太る可能性大です。

  • ローソンのブランパンがどうしてダイエット向きなのか
  • ブランパンで太ってしまうのはどんなときか
  • 太らずにダイエットに有効活用する方法

この3つを分かりやすく解説します!

ダイエット中にローソンのブランパンは太る?

まずはブランパンは太るのかについて詳しく解説します。

低カロリー低糖質で太りにくい

「ブラン」は穀物の外皮のこと。それを使ったブランパンは「茶色い炭水化物」と呼ばれていて、食パンなどの白いパンよりも太りにくい食べ物と言われています。

「NL ブランパン 2個入」のデータ

カロリー140kcal
糖質4.4g
GI値50程度

2個食べてパン自体で140kcal、ハムやレタスとサンドして食べたとしても、300kcal以内に収まります。糖質も8.8g程度。

GI値は玄米と同じくらいで血糖値も急上昇しないので、太りにくい炭水化物ですね。

ローソンの他商品のカロリー

カロリー糖質
シャキシャキレタスサンド195kcal約19g
たまごサンド323kcal約20g
おにぎり(ツナマヨ)229kcal約33g

ローソンの他の炭水化物メニューとの比較もしてみましょう。カロリーや糖質が大幅に低いのがよく分かります。

カロリーを計算しないと太るかも

ブランパンはかなり美味しいので、その味にハマって食べ過ぎちゃうことも。しかも「ダイエットに良い」というイメージがすごくあるので、なんだか食べても太らないような気がしてしまいます。

でも、ブランパンにも当然カロリーはあるので、食べ過ぎればもちろん太ります。

  • おやつ・間食として頻繁に食べる
  • ブランパン自体が低カロリーだからといって、他のものを食べ過ぎる

もしこんな食べ方をしていた場合、運動をしていても体重はキープのままかも。また、運動した以上に食べ過ぎていたら、そのうち太ってしまうことも考えられます。

こんな事態にならないためには、食べた分のカロリーをちゃんと記録しておくことが必要。次で詳しく解説します。

sponsored link

 ローソンブランパンの太らない食べ方

腹持ちしないのに高カロリーなものが多いパンはダイエット中はなるべく避けたいですが、どうしてもパンが食べたいときってありますよね。

美味しいローソンのブランパンは、低カロリー低糖質で他のパンより腹持ちが良くて栄養もあって。パンが大好きなダイエッターさんにとって救世主のようなもの。とはいえ、食べ過ぎたら太っちゃいます。

でも、太らない食べ方を身につけておけば大丈夫!ブランパンをダイエット中でも太らずに美味しく楽しむためのコツを紹介します。

カロリー記録をする

クロワッサンとコーヒーを傍にメモをする女性の手元

せっかくダイエットに有効活用できるブランパンで太らないためには、カロリー記録が必要です。

口にしたもの全てのカロリーを記録しておけば、「何か食べたいな」と思ったときに、本当に食べてもいいのか、それともやめておいた方がいいのか、はっきり分かります。

なんとなく「今日はまだそんなに食べてないからもう1袋食べてもいいか」って感じで食べちゃうと、知らず知らずのうちにカロリーオーバーしちゃいます。そんな日が続くと太ってしまうんです。

カロリー記録はダイエットアプリを使うのがおすすめ!中でも「あすけん」は記録が簡単でとっても便利ですよ。

あすけんをダウンロード(ios)

あすけんをダウンロード(android)

腹持ちをよくするため、他のものと合わせて食べる

他のパンと比べたら腹持ちは良いけど、ブランパン単体だけで食事を済ませるとやっぱりすぐにお腹が減っちゃいます。単純に、1食分としてはカロリーが少な過ぎるから。

「今日はカロリー制限頑張るために昼はブランパンだけにしよう!」みたいな食べ方は、空腹感がしんどい人にとってはNG。強い空腹感に負けて、結局後からたくさん食べてしまうことに。

サラダやタンパク質系(ほぐしサラダチキンをはさんだり)のもの、温かいスープなどを合わせて食べるようにしましょう。スープを1つ足すだけでも、腹持ちはだいぶ良くなりますよ。

もしハードな食事制限中に食べるなら、完全栄養食のBASE BREADの方がずっしりしていて腹持ちがとても良いのでおすすめ。最低限必要なカロリー・栄養があって、低糖質です。

買いだめはしない

パンが好きでダイエット中でも食べたいと思ってブランパンを買っている人は、食べ過ぎ防止のためストック買いはやめておきましょう。

すぐに食べられるところにあると、1袋だけと思っていても、どうしても誘惑に負けてつい2袋目に手が伸びてしまいます。

まとめ

「ローソンのブランパンは太るのか」について解説しました。

この記事の大切なポイント

  • ブランパンは低カロリー低糖質でダイエット向き
  • でも食べ過ぎたら太る
  • 食べ過ぎないためには、①カロリー記録をする、②単体で食べず他のものと組み合わせて食べる、③買いだめをしない

上手に使えばダイエット中の強い味方になってくれるブランパン。食べ過ぎにだけは注意して、ダイエット中でもパンを楽しみましょう。

タイトルとURLをコピーしました