筋トレに納豆がいいって本当?!食べることで筋肉がつく仕組みを解説

筋肉がつく食事

朝食の定番、納豆。毎朝食べるという方も多いと思います。

3パック100円程度で入手でき、最近ではコンビニでも変えますから、身近で手軽、しかも栄養満点で素晴らしい食品です。

この納豆、実は筋トレをする人にもかなりおすすめできる食品なんです。

今回は、筋トレ時に納豆を食べるといい理由と実際に取り入れるために知っておく必要がある食べるタイミングをご紹介します。

納豆で筋肉がつく?筋トレする人へのメリット

タンパク質が豊富

筋トレをする人が、一番きになるのはタンパク質の含有量ですよね。納豆1パック(50g)は100kcalで、タンパク質は8.25g含まれています。

卵には1つあたり、約80kcaklで6.5g含まれており、タンパク質補給食品としてよいと言われてきています。

人それぞれ、納豆と卵どちらが手軽か違うと思いますので、1パックで卵より多くのタンパク質を摂取できるのが手軽!という方には、よりおすすめだと言えるでしょう。

健康に良くタンパク質を無理なく補給できる

他の食品と比べて、タンパク質も豊富に含まれており、かつ健康にもよいので積極的に食事に取り入れたいですね。

タンパク質を摂るといえば、鶏のささみやプロテインシェイクが多いかと思います。しかし、それだけでタンパク質を補うことは良いことではありませんし、実際に飽きてしまうという方も多いかと思います。

ささみをいつも食べている場合、調理が面倒な場合もありますよね。

そんなときに、ナットウはどこでも入手できて、ささっと家で食べられるので、プロテイン補給のメジャー陣が摂取しづらい場合の代用品としてもってこいです。これも納豆をおすすめしたい理由の1つです。

筋トレ前後どっち?納豆を食べるタイミング

消化がそこまで特別に早い食品ではないため、食べるタイミングにそこまで気を使う必要はありません。

筋トレ直前や直後ではなく、普段の食事にバランスよく取り入れることで、健康に関しても筋トレに関してもよい効果を発揮してくれる食品といえます。

納豆は、筋トレだけでなく、健康にとってもよい食品です。腸内環境を整えてくれたり、納豆に含まれるナットウキナーゼという酵素は血液をサラサラにしてくれる効果があります。

筋トレをするひとだけでなく、健康でいたいすべての人が食べたい食品ですね。

まとめ

筋トレに納豆がいい理由は、

  • タンパク質が豊富
  • いつものプロテイン補給に簡単に+αできる
  • そもそも健康によい→筋トレライフが捗る

食べるべきタイミングについては、消化吸収が特別早くはないので、朝昼晩好きなタイミングで食べて問題ありません。

筋トレにも健康にも良い納豆、毎朝とりいれていた方は、これからも自信を持って納豆を食べ続けてください!

普段あまり食べる習慣がなかったよという方もこれを機に、万能食品の納豆を生活の一部にしてみてくださいね!

素敵なボディメイクライフを送れますように◎

\合わせて読みたいおすすめ記事/

  1. 筋トレ後の飲み物に豆乳がオススメ!効果・量・タイミングを解説!
  2. 筋トレする人はコンビニで迷わずサラダチキンを選ぶ!効果と食べるタイミングを解説!
  3. ヨーグルトは筋トレにおすすめ?量・食べ方・タイミングを解説!
タイトルとURLをコピーしました