胃下垂改善筋トレ!腹筋下部を鍛えて胃を正しい位置へ治す!

下腹部がぽっこりしてしまう胃下垂。

そこまで太っているわけでもないのに、下腹部がぽっこりが不自然に出ていると、ショックですよね…

洋服の上からでも分かるほどお腹が出てしまうのは本当に困ります。

なんと!日本人の3人に1人が胃下垂だと言われています。お悩みの方が多いわけです…

そんな“胃下垂を撃退”するために、胃下垂の原因を知り、治すためのトレーニングをチェックしていきましょう!!

胃下垂の原因とは?

胃下垂とは、胃が正常な位置よりも下に垂れ下がっている状態のことを言います。

胃そのものの位置が下がっているわけではなく、胃の上部は正常な位置で、胃の下部が伸びている状態です。

胃下垂の原因は人それぞれ異なるため、その対処法も人それぞれです。

自分はどのタイプの胃下垂なのかをまず知りましょう!

胃下垂の原因①痩せている

%e5%a5%b3%e6%80%a7-%e3%81%8a%e8%85%b9-%e6%89%8b-%e7%b4%b0%e3%81%84

胃下垂の人は、痩せている人が多いイメージがありますよね。

脂肪や筋肉が胃の周りを圧迫することで、胃は正常な位置を保つことが出来ます。

そのため、脂肪が少なくて痩せている方は胃の周りを圧迫する脂肪が少ないために、胃が正常に位置しない胃下垂の状態になってしまう可能性があります。

脂肪の多い方が簡単に痩せることも難しいですが、痩せている方が太ることも難しいですよね…。

痩せが原因だとわかっても、無理して太ろうとする必要はありません。ストレスのないよう、少しずつ食べられる量を増やしていきましょう。

偏食がちで痩せている方は、バランスのとれた食事を3食きちんと摂るように、普段の食生活を見直してみましょう!

胃下垂の原因②ストレス

%e5%a5%b3%e6%80%a7%e3%80%80%e3%82%a4%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%a9%e3%80%80%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%ac%e3%82%b9%e3%80%80%e8%b2%a0%e6%8b%85

疲労や緊張などからくるストレスが胃下垂の原因となっている場合があります。

胃下垂の原因③姿勢が悪い

man-sky

姿勢が悪いと骨盤が歪み、胃下垂の原因となってしまいます。

猫背など、姿勢が悪い方はまず姿勢から改善してみましょう。

胃下垂の原因④筋力が弱い・衰えている

道端で頭を抱え疲れた表情の女性

胃の下部を支える筋力が弱いことが原因で、胃が垂れ下がってしまいます。

幼児は下腹部がぽっこりしていますが、これも筋力が弱いために引き起こされている胃下垂の状態です。

筋力が弱い、衰えている、そんな方はトレーニングをすることで胃下垂の解決が期待されます。

sponsored link

胃下垂を治すのに鍛えるべき筋肉と筋トレ方法は?

胃下垂の原因が筋力が弱い・衰えていることの場合は、鍛えることで胃下垂が改善されることが期待できます。

筋トレは自分の努力で胃下垂を改善できる手段なので、ぜひ取り組んで行きたいですよね。

では一体、どんな筋トレをするべきなのでしょうか?

腹筋運動よりも下腹トレーニング!

胃下垂を治すには、”腹筋”を鍛えたほうがいいとよく聞くと思います。

たしかに”腹筋”を鍛えるべきなのですが、”腹筋”は、

  • 腹直筋(上部・下部)
  • 腹斜筋
  • 腹横筋

など、更に細かい部位に分かれており、それぞれに最適なトレーニング方法があります。

普段、”腹筋”と言われて思い浮かぶトレーニングは、クランチ(いわゆる”腹筋”)ですが、それは主に腹直筋上部や外腹斜筋を鍛えるトレーニングです。

胃下垂を治すためのトレーニングとしては、下腹筋を鍛えられるトレーニングがより効果的なのです。

胃下垂を改善する下腹部を鍛える筋トレ方法

腹直筋を鍛える腹筋運動よりも、下腹部を鍛える方が胃下垂を直すのに効果的ということがお伝え出来たかと思います。

では、ここからは胃下垂改善に効果的な下腹部を鍛えられる筋トレを紹介していきます!

どれも難しい動きはなく、初心者や筋力に自信のない女性でも簡単に出来るトレーニングなので、ぜひ挑戦してみてください。

胃下垂改善筋トレ①レッグレイズ

レッグレイズは、その名の通り足を挙げる筋トレです。

寝転がった状態で行う、道具の不要な筋トレのため、初心者におすすめのトレーニング方法です。

▼レッグレイズのやり方▼

  1. 床に仰向けになる
  2. 両足をそろえて伸ばす
  3. 腰を支点にして息を吐きながら垂直になるまでゆっくり足を上げる
  4. 2秒ほど体勢をキープする
  5. 息を吸いながらゆっくりと足を下ろし、床につく寸前で止める

10~20回×3セットを目安に行いましょう。

回数を多くこなすのではなく、下腹に効くようにゆっくりと行い、出来るだけ少ない回数で「キツい!」という限界を迎えるようにすることで、下腹に確実な刺激を与えていきましょう。

胃下垂改善筋トレ②ドローイン

ドローインも寝転がった状態で出来るので、寝る前のリラックスした状態で行うのもおすすめです。

用意するもの:タオル2枚

▼ドローインのやり方▼

  1. 腰が反らないようにタオルをたたんで腰の下に入れ、もう1枚をおへその上に置く
  2. 仰向けの状態になり、膝を立てる(かかとの位置は遠すぎないように、足は腰幅に開いて、手のひらは上向きに)
  3. 4カウントでゆっくり息を吐きながらお腹をへこませる
  4. 4カウントでゆっくり息を吸いながらお腹を膨らませていく

5回×2セット。最初は無理をせずに、慣れたら増やしていきましょう。

ドローインには、胃下垂改善の他にも嬉しい効果があります。

詳しくは、ドローインはダイエットや腰痛に効果あり!?正しいやり方を知って今すぐトレーニングをしよう!をチェック!

胃下垂改善筋トレ③腹筋ローラー

腹筋を鍛える筋トレグッズとして有名な腹筋ローラー

この腹筋ローラーでは下腹は鍛えられるのでしょうか?

答えは、イエスです。ただ、ちょっとしたコツがありますので、そちらも合わせてご紹介します。

▼下腹を鍛える腹筋ローラーのやり方▼

  1. 膝をついた状態で、腹筋ローラーのグリップをしっかりと握る
  2. おへそあたりをスタートポジションとし、ゆっくりと前に転がす
  3. 下腹部を意識し、胸が床につくギリギリまで手を伸ばし前へ転がす
  4. 3~5秒ほどキープする←下腹を鍛えるにはココが重要!
  5. ゆっくりと元に戻し、適度な回数繰り返す

このようにして、下腹部を鍛える動きをきちんと行えば、腹筋ローラーでも下腹を鍛えることができます。

下腹部を鍛える動作の前に、まず腹筋ローラーの動きに慣れたい!という方には、以下の動画を真似したトレーニングがおすすめです。

37秒までの2種類の動き方を真似して行ってみてください。


この動きで腹筋ローラーのコツを掴んだら、真っすぐ伸び切ったときに3~5秒間キープすることに挑戦して、下腹を刺激していきましょう!!

下腹部の筋肉を鍛えて胃下垂を改善しよう!

いかがでしたか?

胃下垂の原因は人それぞれで、それにあった対処法をしなければ解消につながりません。

日頃運動をしておらず、胃下垂は「お腹の筋力が弱いことが原因」と聞いて、ドキッとした方は、ご紹介した下腹部の筋トレを積極的に取り入れていきましょう。

レッグレイズやドローインは道具も不要ですし、両方をゆっくり行っても10分もかかりません。

毎日10分で胃下垂が改善したらとても嬉しいですよね。

やってみる価値は存分にありますので、これを機にぜひ挑戦していきましょう!

※原因が全く分からない方、度が過ぎて不自然なほどぽっこりしている等の重い症状がみられる方は、必ず病院に行って診察してもらいましょう。

こちらの記事も合わせて読みたい

キレイになりたい女性必見!短期間で効果的に腹筋を割る方法
腹筋が割れてる女子っていいですよね。キュッと引き締まったくびれは、男性もから見ても、女性から見ても、とても魅力的です。そんな腹筋を手に入れた...
下腹が痩せる筋トレ!トレーニングで鍛えてぽっこりお腹を解消!
お腹がぽっこりってとても気になる悩みですよね…しかも他の人より下腹がぽっこりしてしまっていて、まるで妊婦さんのように感じてしまうこともありま...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

sponsored link