上腕三頭筋に効く!ナローグリップベンチプレスの効果とやり方

上腕三頭筋を強化するのにおすすめなトレーニングの1つ、ナローベンチプレス(ナローグリップベンチプレス)の効果や詳しいやり方、コツを紹介します!

ナローベンチプレス/ナローグリップベンチプレスの鍛えられる筋肉と効果

ナローベンチプレスは、上腕三頭筋をメインに鍛えられるトレーニングです。大胸筋の内側にも効きます。

通常のベンチプレスのメインターゲットは、大胸筋ですが、手の幅を狭く(narrow)することで、上腕三頭筋をメインに鍛えられるトレーニングになります。

ナローベンチプレス/ナローグリップベンチプレスのやり方

①肩幅より狭く、バーベルを握る

②胸の真上でバーベルをセット

③ゆっくりと息を吸いながら、肘を曲げてバーベルを下ろす

④息を吐きながら、バーベルを押し上げる(下ろしてきた時と同じ軌道を描くように意識)

インターバルを適度取り、3セット行いましょう。

1セットの回数は「キツい!」と感じてから+2回くらい頑張れるといいですね◎

ナローベンチプレス/ナローグリップベンチプレスの注意点

腕を深く曲げすぎない

腕を深く曲げすぎると肘関節に負担がかかってしまい、痛めてしまう原因になります。

腕を直角程度まで曲げれば十分です。

肘を外側に向けすぎない

また、肘を外側に向けすぎた場合、手首に負荷がかかり、痛めてしまう原因になるので、注意して行いましょう。

リストストラップで怪我予防

狭い手幅でトレーニンングを行うことに慣れないうち、また手に汗をかきやすい場合は、滑り止めになるリストストラップの使用をお勧めします。

ナローベンチプレス/ナローグリップベンチプレスのポイントまとめ

いかがでしたか?

ナローベンチプレスの鍛えられる部位は、上腕三頭筋でしたね!

高重量を扱いやすいトレーニングなので、思わぬ怪我につながらないよう、入念なストレッチや、正しいフォームで行うことを心がけましょう。

こちらの記事も合わせて読みたい

上腕三頭筋の強化におすすめトレーニング!▽

ダイヤモンドプッシュアップで上腕三頭筋を鍛えよう
ダイヤモンドプッシュアップは、 上腕三頭筋を鍛えたい方 ベンチプレスをハードをハードに行った後のトレーニングとして 自...
ヒンズープッシュアップで大胸筋に新たな刺激を!効果とやり方
ヒンズープッシュアップというなんだか不思議な名前の筋トレが気になるみなさん… ヒンズープッシュアップは、上半身の筋肉を総合的に鍛えられ...
テイトプレスの効果とやり方を解説!上腕三頭筋を鍛えてたくましい腕を手に入れろ!
「ボディビルダーのような、太くて男らしい腕になりたい!」「腕のトレーニングをしているのに、一向に腕に筋肉がつかない…。」 筋ト...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする