ダイエット中にカレーがNGな理由と知っておきたい太らない食べ方

脂肪が減る食事

どう考えてもヘルシーそうには見えず、ダイエット中には自然と避けなきゃいけないなという雰囲気を醸し出しているカレー。

その予想は的中で正直言って、食べなくて済むなら食べない方が良いです。

今回はまずダイエット中のカレーがおすすめできない理由を知ってもらおうと思います。

そこで「なるほど。ダイエットは絶対成功させたいから食べるのはやめておこう」と思えれば何の問題もありません。

しかし、「それでも食べたい」「どうしても食べる機会が多くて避けきれない」方も当然いらっしゃいますよね。

そこで、ダイエット中に太らずカレーを食べる方法も合わせてご紹介していきます!

ダイエット中のカレーがおすすめできない理由

まずは先ほどお伝えした通り、ダイエット中のカレーがあまりおすすめできない理由からご紹介します。

カロリーが高い

誰もが簡単に思いつく理由かと思いますが、カレーはやはり高カロリーです。

代表的なカレーのカロリーを見ていただくと一目瞭然です。

カレーのカロリー
オムカレー(551.2g) 700kcal
キーマカレー(467.8g) 711kcal
野菜カレー(602.1g) 747kcal
シーフードカレー647g 738kcal
ビーフカレー676.1g 838kcal
チキンカレー542.6g 857kcal
ポークカレー(676.3g) 859kcal
カツカレー(720.6g) 1103kcal

一見ヘルシーそうな野菜カレーやチキンカレーもしっかり700kcal以上あって、ダイエット中の1食分としてはかなり高カロリーです。

GI値の高いご飯を食べすぎるから

白いごはんだけ食べるよりも、カレールーと一緒に食べる方がずっとたくさんご飯を食べられてしまいますよね。

白いごはんはGI値が非常に高く、太りやすい食べ物です。

GI値とは食べた食品が体内で糖に変わり血糖値が上昇するスピードを測ったもの。

GI値が高い食品は、脂肪ホルモンと呼ばれるインシュリンが分泌され過ぎてしまうことがあり、肥満の原因になってしまうことがあるんです。

そのためダイエットをする人は出来るだけ低GI値の食品を選びたいところ。

カレーの場合は、ルーのGI値は49でこの数値は低い方です。なのでルー単体なら大きな問題はありません。

しかしルーだけ食べる人なんていませんよね。白米のGI値は89。

この白米を食べすぎてしまうカレーライスは太りやすくダイエット向きではありません。

ダイエット中にカレーを太らずに食べる方法

チートデイに食べる

カレーを食べるのに一番おすすめなのはこの時期。

ダイエットをして体脂肪が減ってくるといずれ減らなくなる時期が訪れ、この時期を停滞期と呼びます。

体が飢餓状態と勘違いし、脂肪を蓄える働きをし、ダイエットを続けていても体重が減りづらい時期です。

この時期に1日カロリーを気にせず食事をすることによって、体に飢餓状態でないことを教えます。これをチートデイ(騙す日)と言います。

この日なら、罪悪感なくカレーを食べられます。好きな定食屋のカレーでも本格カレー屋さんのカレーでも何でも好きなものを食べてOKです。

開始時と比べて体重が5%(50kgの人の場合2.5kg)減っていて、体脂肪率が20%前後の人のみ行いましょう。それ以外の方が行うと単純にカロリーオーバーして太ってしまいます。

低カロリーカレーを自作する

ダイエット中にカレーが食べたくなってしまった場合は低カロリーカレーを自作がおすすめです。

お店に行けばバターチキンカレー・ポークカレー・カツカレー・オムカレーなど美味しそうなメニューに目移りしてしまいそうですが、グッとこらえて我慢しましょう。

前述のチートデイなら好きなメニューを頼んでも問題ないので、停滞期が来るまでの辛抱です。


具を野菜や鶏胸肉にすると、低カロリーで楽しめます。

食べ過ぎてしまうのが怖い方は、食前にプロテインを飲んでおくとドカ食いを防げます。プロテインを飲んだら、少量のカレーをゆっくり味わって食べてみてください。

マイサイズを利用する

引用:大塚食品公式HPより

便利な『マイサイズ』という商品を利用するのもおすすめです。

マイサイズは約100kcal(96〜99kcalくらい)なので、ごはん1膳(140g235kcal)と一緒に食べるとすると335kcalで済みます。

  • 欧風カレー
  • バターチキンカレー
  • グリーンカレー
  • スパイシーチキンカレー
  • 和風カレー

など種類も豊富です。カレーだけでなく、ハヤシライスや親子丼、クリームシチューなど他のメニューもあります。

マイサイズを食べる際は、食べ過ぎ防止のためにもご飯は少なめに炊きましょう。

多めに炊いて小分けにして冷凍しておき、食べる分だけ解凍するのもおすすめです。

食べる量を少なくする

実家暮らしで夕食によくカレーが登場するという方は、食べる量を少なくすれば問題ありません。

カレーも少なめに食べればそんなに恐ろしいものではないのです。

カレーとなるとご飯は普段よりも多くなってしまいますが、大きめの平たい皿に盛るのではなくいつものご飯茶碗に盛り付けるようにして、それ以上食べなければいつも通りの量です。

ついついおかわりしてしまわないよう、家族にダイエット中であることを伝えましょう。

また、出来るだけ低カロリーにするため、野菜や鶏肉を使ったカレーにして欲しいと頼んでみるのもアリだと思います。

目標摂取カロリー内なら食べても極論OK

ここからはあまりおすすめはできませんが、カレーがどうしても食べたくなってしまった時の最終手段としてご紹介します。

ダイエット中とのことですが、毎日の目標摂取カロリーは決まっていますか?

ダイエットの基本は、消費カロリー>摂取カロリーです。自分が活動する量よりも少なく食事をする生活を継続すれば痩せられます。

なので毎日の目標摂取カロリー以内なら、カレーを食べることは可能です。

ダイエット中の1日の目標摂取カロリーが1400kcalなら、1食をカレー(700kcal)にし、残りの半分700kcalをその他の食事に当てればいいというわけです。

カレーはかなり高カロリーで1日の摂取目安カロリーを大幅に占めてしまうことがわかります。

綺麗に痩せるためには栄養バランスがとても重要ですが、この場合どうしても偏ってしまうことになります。

本当にどうしても食べたい時の秘技としてとっておいてください。

目標摂取カロリーがまだ決まってないという方は以下の記事をチェックしてみてください!!

sponsored link

こちらの記事も合わせて読みたい

ジムに行くのが恥ずかしい…恥を忘れ本気でダイエットに夢中になる方法
ダイエットしたいのに「ジムに行くのが恥ずかしい」問題。この恥ずかしさを克服して、1分1秒でも早く理想の体型への第一歩を踏み出しましょう。
美尻専門・特化型パーソナルジムの筋トレで確実にヒップアップ!
最近話題の美尻専門ジムが気になるけどどう選んでいいかわかんない!! そんな方のために、全国の美尻ジムをくまなく比較しました。 自分に1番あっている美尻ジムは一体どこなのか見つけていきましょう!!! 美尻筋トレ専門ジムの選び...
スタバの低カロリーメニュー!ダイエット中にも飲めるおすすめドリンク!
ちょっと一息つきたい時や、作業や勉強に便利なスタバ。よく利用される方も多いと思います。 ただ、おいしそうなドリンクがたくさんあり、ついつい高カロリーなメニューを頼んでしまう…なんてことありませんか? そんな誘惑に負けてしまうから...
タイトルとURLをコピーしました