上腕三頭筋に高負荷を与えるスカルクラッシャーの効果とやり方

二の腕

スカルクラッシャーと聞くと、なんだかすごそうな技のように聞こえませんか?笑

いったいどんなトレーニングなのでしょうか?

今回は気になるスカルクラッシャーのコツややり方、注意点、わかりやすい解説動画などを詳しく紹介します。

スカルクラッシャーとは?鍛えられる部位と効果

スカルクラッシャーとは、上腕の中でもっとも大きな筋肉である上腕三頭筋を鍛えるのにおすすめなトレーニング方法。

高重量を扱えるトレーニングなので上腕三頭筋に高負荷を与えることが可能です。

上腕三頭筋を鍛えたい方、体全体のバランスをみて、腕を太くしたいと考えている方におすすめなトレーニングです。

女性が扱いやすいコンパクトなサイズのダンベルを使うことで、二の腕を引き締めたい女性にもおすすめなトレーニングにもなります。

スカルクラッシャーのやり方・動画

スカルクラッシャーは、ベンチに寝て、EZバーやバーベルなどをおでこの上で上げ下げするトレーニングです。

まずこちらの動画で一連の動作を確認しましょう!

ベンチに仰向けに寝て、EZバーやダンベルを持って行います。

  1. 肩幅より狭く(クローズグリップで)バーを握る
  2. バーが肩の真上になるように持ち上げる
  3. 上腕をまっすぐに固定して、バーを額に引き寄せるようにゆっくり肘を曲げる(息を吸いながら!)
  4. 息を吐きながら、ゆっくりと肘を伸ばし、元の位置へ戻す
  5. 10〜15回(ご自身に適した回数で)×3セット繰り返す

スカルクラッシャーのコツ・注意点

  • 額に向かってバーやダンベルを下ろす
  • 上腕は動かさずに固定
  • 下ろしてきて再度上げる際には肘を伸ばしきらないように

上腕はしっかり床と垂直の位置で固定しましょう。肩から動かすのではなく、肘を曲げて動作を行うようにしましょう。

肘を伸ばしきってしまうと、上腕三頭金への負荷が抜けてしまうので、伸ばしきらないように注意しましょう。

上腕を固定せずに額ではなく頭上に向けて動かすと、ライイングトライセプスエクステンションという種目になり、上腕三頭筋への負荷のかかり方が若干異なります。

トライセプスエクステンションと呼ぶ時には、トライセプスエクステンションもスカルクラッシャーも両方を差すこともあります。

スカルクラッシャーのまとめ

スカルクラッシャーの効果とやり方を紹介しました。

上腕三頭筋を鍛えたい方がスカルクラッシャーをやると普段と違った刺激が入るのでより効果的に鍛える事が出来ます。

より上腕三頭筋にボリュームをつけて更に太くたくましい腕を目指すストイックな方にもおすすめのトレーニングといえるでしょう。

せっかくここまで読んだことですし、ぜひ次のトレーニングで取り入れてみてください。理想のボディになれるよう応援しています!

\合わせて読みたいおすすめ記事/

  1. クローズグリップベンチプレスの効果とやり方!高重量で上腕三頭筋に刺激を!
  2. 腕立てに慣れたら挑戦したいナロープッシュアップ!上腕三頭筋に効く!
  3. ドラゴンフラッグの効果とベンチ・床でのやり方解説!初心者もコツをつかんでバキバキ腹筋へ!
sponsored link
sponsored link
二の腕
THE ANSWERS
タイトルとURLをコピーしました