足幅が狭いナロースクワットの効果とやり方を徹底解説!

今回はスクワットのバリエーションのひとつである、ナロースクワットをご紹介します。

通常のスクワットよりも足幅を狭くするのがポイントのトレーニングです。

詳しいやり方や効果をチェックして、理想のボディメイクをしていきましょう!!

ナロースクワットとは?鍛えられる部位

ナロースクワットとは、通常のスクワットよりも足幅を狭くして行うトレーニングです。

大腿四頭筋、大臀筋、ハムストリングス(太もも裏)などが鍛えられる点は通常のスクワットと同じです。

足幅が狭い分、お尻の筋肉の中臀筋に負荷がかかりやすいトレーニングになります。

ナロースクワットの効果は?

中臀筋への関与が、通常のスクワットよりも高まるトレーニングなので、ヒップアップをしたい女性にとてもおすすめのトレーニングです。

よくヒップアップでメインとして鍛えられる筋肉として大臀筋があげられますが、加えてそれより内側に存在する筋肉である中臀筋を鍛えることによって、より効果的にヒップアップが期待できます。

ただ、中臀筋への関与という点で言うと、ブルガリアンスクワットの方がオススメです。

ナロースクワットは、他のトレーニングと合わせて行う補助の役割をするトレーニングとして覚えておくと良いでしょう。

ナロースクワットのやり方・動画

ナロースクワットのやり方

1.つま先を前方に向け、脚をぴったり閉じた状態で直立する

2.息を吸いながらゆっくりと腰を下ろす

ー筋肉に効かせるためにできる限り深いところまで腰を落としましょう

3.息を吐きながら元の体制へゆっくりと戻るように、体を押し上げていく

10-15回(自分に適した回数)×3セットを目安に行うようにしましょう。

ナロースクワットのフォームを動画でチェック!

動画で実際の動き方やフォームを確認しましょう!

ナロースクワットのコツ・注意点

体の柔軟性が高い・体幹がしっかりしている中級者以上におすすめ!

脚を閉じで深くまでしゃがみこむことで大臀筋への関与を高めることができます。

逆を言えば、股関節が柔軟でなく、脚を閉じた状態で深く腰を落とせない場合は、筋トレ効果が薄くなってしまいます。それどころか腰への負担が高まるため、思わぬ怪我につながることが考えられます。

脚を閉じていることでバランスも鶏肉炒め、体幹の強さも求められるトレーニングです。

以上のことから、スクワットにバリエーションをもたせたい、筋トレ中級者以上の方が、チャレンジしたいトレーニングと言えるでしょう。

ナロースクワットの反対はワイドスクワット!

ワイドスクワットをしている女性

足幅を狭くするスクワットがあれば、足幅を広くするスクワット、ワイドスクワットも存在します。

足幅を広く(ワイド)することによって、通常のスクワットよりも、内腿に効くスクワットになります。

足幅を変えてトレーニングを行い、まんべんなく脚の筋肉を鍛えたり、鍛えたい部位を重点的に鍛えることができます。

スクワット、ナロースクワット、ワイドスクワットそれぞれ行ってみて、効く筋肉の違いを実感してみてください!

ナロースクワットのポイントまとめ

いかがでしたか?

ナロースクワットのポイントとしては、

・足幅を狭くするスクワットである

・より効果的なヒップアップを目指したい方におすすめ

・スクワットに慣れていて股関節が柔軟で体力に自信がついてきた中級者の方におすすめ

この3つが挙げられます!

ぜひ日々のトレーニングに取り入れて、理想のボディに近づいていきましょう!!

こちらの記事も合わせて読みたい

スクワットのバリエーションはまだまだある!▽

シシースクワットで大腿四頭筋に新たな刺激を!効果とやり方解説
筋トレの王様と呼ばれるスクワットには、様々なバリエーションがあります。 通常のスクワットをマスターした方は、新しいスクワットに挑戦して...
【女性必見】ブルガリアンスクワットの効果とやり方!脚をバランスよく鍛えよう
ブルガリアンスクワット、なんだか強そうな名前のトレーニングですよね。 通常のスクワットとは違ったトレーニングに挑戦してみたい、両足の筋...
美脚と美尻への近道?!ベアースクワットの効果とやり方を徹底解説!!
太くてセルライトだらけの太ももやだらしなく垂れ下がっているヒップラインにうんざりしている人は多いですね。 そんな悩みを解消するためのト...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

sponsored link