ダイエット中でもパンケーキが食べたい!どうしてもの時のための太らない食べ方

ダイエット中にパンケーキが食べたい…!

“食べちゃいけない”と思えば思うほど食べたくなってしまいますよね。

確かにケーキはダイエット中には良くない食べ物です。

しかし、だからといって「パンケーキ断ち」をする必要はありません。

無理な我慢でストレスを貯めて結局どか食いしてしまうよりは、ダメージを最小限に抑えた太らない食べ方でたまに食べるくらいの方がダイエットの成功率は高いです。

今回は、

  • ダイエット中にパンケーキがNGな理由
  • ダイエット中でも太らないパンケーキの食べ方

を徹底的にご紹介していきます!!

ダイエット中にパンケーキがNGな理由

パンケーキの太らない食べ方より先にまず知っていただきたいのは、「ダイエット中にパンケーキがNGな理由」です。

なぜダイエット中になぜパンケーキが良くないのかきちんと理解できていますか?

なぜ食べちゃいけないのか知っていれば、「ダイエットを成功させたい」という思いの強い人ほど「パンケーキを頻繁に食べるのはやめよう」と思ってもらえるかと思います。

まずは根本的な解決方法として、「パンケーキを食べる気が起きないようにする」ところから始めていきましょう!!

カロリーが高く太りやすい

誰でも簡単に想像がつく理由が「カロリーが高い」だと思います。

その通りで、パンケーキはとても高カロリーです。

店名 商品名 カロリー
ビルズパンケーキ リコッタパンケーキ 約500kcal
エッグスンシングス ストロベリーホイップクリームとマカダミアナッツ 約1500kcal
幸せのパンケーキ スフレパンケーキ 約600kcal
フリッパーズ 奇跡のパンケーキ 約1000kcal

ボリューミーなパンケーキ、ホイップクリーム、甘いチョコやキャラメルやメープルのソース、バニラアイス、とろけるバター。

誰がどう見たって高カロリーな食べ物を組み合わせて超高カロリーなものを作り上げたようなものです。これが美味しいんですよね。

だいたいどのお店でも1000kcal近いものはざら、軽く1500kcalほどあるものも存在します。

1500kcalはダイエット中の人の約1日分の食事に匹敵するカロリーです。お店でパンケーキを食べるにはそれなりの覚悟が必要です。

GI値が高く太りやすい

GI値という言葉はダイエット中の方なら聞いたことがある方も多いかと思います。

食べ物は口にしてからそれぞれ血糖値が上昇するスピードが異なり、速い食べ物を高GI(70以上)、比較的ゆっくりな食べ物を低GI(55以下)と呼んでいます。

高GIな食べ物ほど太りやすく、ダイエットの敵になります。

ダイエット中は極力低GI食品を選びたいところ。

パンケーキのGI値は80で高GIに位置付けられていて、太りやすい食品であることからダイエットにおすすめとは言い難い食べ物です。

ダイエット中に太らずパンケーキを食べる方法

食べてはいけないという理由がわかっても、食べたくなってしまう時は必ず来るかと思います。

そんな時に出来るだけダイエットのダメージを少なくするパンケーキの食べ方をご紹介します!!

チートデイに食べる

一番おすすめなのはこの時期。

ダイエットをして体脂肪が減ってくるといずれ減らなくなる時期が訪れ、この時期を停滞期と呼びます。

体が飢餓状態と勘違いし、脂肪を蓄える働きをし、ダイエットを続けていても体重が減りづらい時期です。

この時期に1日カロリーを気にせず食事をすることによって、体に飢餓状態でないことを教えます。これをチートデイ(騙す日)と言います。

この日なら、大好きなパンケーキを罪悪感なく食べることができます。

開始時と比べて体重が5%(50kgの人の場合2.5kg)減っていて、体脂肪率が20%前後の人のみ行いましょう。それ以外の方が行うと単純にカロリーオーバーして太ってしまいます。

シンプルなパンケーキを1枚だけ食べる

パンケーキ人気店にいくとどうしても美味しそうなトッピングがたっぷりのパンケーキを食べたくなりますよね。

しかしダイエット中にそれを食べるのはあまりにも危険すぎます。大好きな甘いトッピングのパンケーキはダイエット成功後のご褒美としてお預けにして、今でも食べられるパンケーキを選びましょう。

パンケーキの枚数は1枚、トッピングがついてないスタンダードなものを選び、追加のトッピングももちろん控えましょう。

そうすればカロリーが高くても500kcal程度までなので、1食分と置き換えてください。パンケーキ+3食食べるとカロリーオーバーになってしまいます。

目標摂取カロリー内なら食べても極論OK

クロワッサンとコーヒーを傍にメモをする女性の手元

ここからはあまりおすすめはできませんが、どうしても食べたくなった時の最終手段としてご紹介します。

ダイエット中とのことですが、毎日の目標摂取カロリーは決まっていますか?

ダイエットの基本は、消費カロリー>摂取カロリーです。自分が活動する量よりも少なく食事をする生活を継続すれば痩せられます。

なので毎日の目標摂取カロリー以内ならパンケーキを食べることは可能です。

ダイエット中の1日の目標摂取カロリーが1500kcalで、1500kcalのパンケーキが食べたい場合は、1日の食事をそれだけにすれば太りません。

綺麗に痩せるためには栄養バランスがとても重要ですが、この場合とんでもなく偏ってしまうことになります。

メリハリのある引き締まったスタイルになるために必要なのは筋肉ですが、筋肉を作る栄養素タンパク質がほとんど取れません。高カロリーのパンケーキ1食が1日分の食事になると、その他大切な栄養素も満遍なく取ることも出来ません。

「ダイエットに息詰まってしまい、本当にどうしても食べたい」

そんな時の秘技としてとっておいてください。

目標摂取カロリーがまだ決まってないという方は以下の記事をチェックしてみてください!!

こちらの記事も合わせて読みたい

プロテインパンケーキのレシピ!気になるカロリーと味を解説!
プロテイン、ただ飲むだけでもいいですが、せっかくなら普段の食事にも取り入れられたらいいですよね! 今回紹介する、プロテインパンケーキは、材料も少なく簡単に作れるので、チャレンジしやすいです! プロテインパンケーキの材料 ...
痩せたい人はプロテインを上手く使ってダイエット!正しい飲み方と選び方解説
「痩せたいならプロテイン飲め!」 みたいなの最近よく見かけますよね。気になって検索してみた方も多いんじゃないでしょうか? 「痩せたい痩せたい」と思っていると何か少しでも痩せるための有益な情報にたどり着きたい一心ですよね。 ...
ジムに行くのが恥ずかしい…恥を忘れ本気でダイエットに夢中になる方法
ダイエットしたいのに「ジムに行くのが恥ずかしい」問題。この恥ずかしさを克服して、1分1秒でも早く理想の体型への第一歩を踏み出しましょう。
タイトルとURLをコピーしました