ダイエット中でもトンカツが食べたい!どうしてもの時は太らない食べ方を

ダイエット中だけどトンカツが食べたい…!

そんな時どうしたらいいんでしょうか?

外はサクサクな中は柔らかくジューシーなトンカツ。

いかにも高カロリーなためダイエット中には手が出しにくいというか食べてしまったらもう罪悪感で仕方ないような、そんな食べ物ですよね。

今回はダイエット中でも太らずにトンカツを食べる方法を紹介します!

ダイエット中にトンカツがNGな理由

ダイエット中でも太らずトンカツを食べる方法の前に、そもそもなんでダイエット中にトンカツがだめなのかを理解しておきましょう。

トンカツがダイエット中に食べな理由が重くのしかかってくれば自然とトンカツを食べる気は起きなくなることもありますので!!

早速チェックしていきましょう!!!

やっぱりトンカツは高カロリー

トンカツのカロリー
ロースカツご飯(和幸) 1216kcal
ロースカツ定食(松乃家) 871kcal
三元豚ロースカツ定食(新宿さぼてん) 926kcal

お店によってカロリーはまちまちですが、ダイエット中の1食にしてはあまりにも高カロリーでびっくりしてしまいます。

白米を食べ過ぎる

トンカツの脂質は食欲を増進させます。

普段ならご飯茶碗1杯(235kcal/140g)で満足する白米も、一緒に食べるのがトンカツになれば話は別。

大盛りご飯(403kcal/240g)と一緒にペロリとトンカツを平らげてしまいませんか?

お米を食べ過ぎるのが危険なのは、高カロリーなことだけではありません。

ダイエット中ならご存知の方も多いGI値にも注意する必要があります。

【GI値とは】食べ物を食べてから血糖値が上昇するスピードを測ったもの。血糖値が上昇するスピードが早ければ早いほど脂肪を溜め込む作用が起きやすい。GI値70以上のものは高GIと呼ばれていて、太りやすい食品として要注意が必要。

白米のGI値はバッチリ高GI食品の仲間に匹敵する86。

ただ白米を食べるだけよりも、トンカツ(脂質)と一緒に食べたほうが血糖値の上昇が抑えられることはわかっていますが油断してはいけません。

ダイエット中に太らずトンカツを食べる方法

ダイエット中にトンカツはNG…

そんなことはわかっていても、どうしてもどうしても食べたくなってしまう。そんな時もありますよね。そんな時は仕方ありません。

なんとか工夫して、極力太らずにトンカツを食べてしまいましょう。

好物を我慢するストレスが爆発して、のちに暴飲暴食に走ってしまう事態になるよりは軽めにストレスを発散しておく方がずっとマシです。

付け合わせのキャベツをもりもり食べる

トンカツを梅雨もんすると必ず付いてくるのが千切りキャベツ。

白米やトンカツに手をつけるよりも先に、このキャベツをしっかりと平らげましょう。おかわりができるところなら、おかわりしてもいいと思います。

消化吸収が比較的ゆっくりな食物繊維を先に食べておくことで、その後に白米を食べても、何も食べずに白米を食べた時よりも血糖値の上昇を抑えることができます。

これが、同じものを食べていても太りにくい食べ方です。

「野菜から先に食べる」なんて全く珍しい話じゃありませんが、しっかりと理由が言える人は少ないんじゃないでしょうか?

ここできちんと覚えておきましょう!!

目標摂取カロリー内に必ず収める

引用:あすけん

ダイエット中とのことですが、自分が食べていい量(摂取カロリー)は決まっていますか?(まだの人は、ダイエットアプリのあすけんをダウンロードして初期設定の質問に回答してみましょう!そうすると毎日の目標摂取カロリーがわかります。)

高カロリーなたこ焼きですが、目標摂取カロリー以内に収まるように食べれば基本的には太りません。

1日の摂取目標が1500kcalなら、1200kcalのヘルシーな食事をして、残りの300kcalをたこ焼きに当てればいいというわけです。1個50kcalのたこ焼きなら6個食べられますよね。

目標摂取カロリーを知らずにいて制限なく食べてしまうと、そんなに食べていないつもりでも知らず知らずのうちにカロリーオーバーしていて太ってしまいます。

あすけんで食べたものを記録して1日の目標カロリーを超えないようにたこ焼きを食べれば太る心配はありません。

point摂取カロリー内に収めれば基本的には太りませんが、普段からGI値の高い白米や砂糖たっぷりの甘いものばかりを食べているとダイエット中でも痩せない可能性があります。どうしても食べたい時だけにしましょう。

チートデイに食べる

ダイエットをしていてある程度体重が減ってくると、体重が減りづらくなってしまう時期(=停滞期)が来ます。

その時期がきたら高カロリーなたこ焼きでも罪悪感なく食べる大チャンスです!

実はこの時期は、食事量を減らしたせいで体が「飢餓状態だ!!」と勘違いをし、脂肪を落とさないように働いている状態。

そこで、停滞期が訪れたら1日だけ好きなものを食べて体に「飢餓状態じゃないよ〜」って教えてあげるんです。そうすると、脂肪を蓄える働きが収まって再び体重が落ちるようになります。

開始時と比べて体重が5%(50kgの人の場合2.5kg)減っていて、体脂肪率が20%前後の人のみ行いましょう。それ以外の方が行うと単純にカロリーオーバーして太ってしまいます。

低カロリートンカツを自作する

どうしてもトンカツが食べたいけど低カロリーで済ませたい!

そんな方は自作がおすすめ!!

お店で食べるとどうしても高カロリーになってしまうトンカツも工夫して自作すればグッとカロリーを抑えることが出来ます!

ダイエット中におすすめ低カロリートンカツレシピ

ダイエット中にトンカツが食べたい時は自作して低カロリーで楽しんじゃいましょう!

自分で作る分、愛着もわいてゆっくり味わって食べられるのもダイエット中のご飯としてはかなりポイントが高くなります◎

揚げないトンカツ

引用:レタスクラブ

1人分なんと305kcalでトンカツが楽しめちゃう超ヘルシーレシピ!小盛りご飯(168kcal/100g)と合わせると473kcalになり、ダイエット中でも問題ないカロリーに収まります。

詳しいレシピはレタスクラブのページから!

肉をヒレに変更でよりヘルシーに

引用:Nadia

ロースではなくヒレ肉を使うとカロリーをよりカットすることができます。

ただし、生肉のカロリーほど差があると思ったら違うので、ヒレ肉であっても食べ過ぎには要注意です。

【ヒレ肉とロースのカロリー差】

  • ヒレ100g…115kcal
  • ロース100g…263kcal

揚げる前の状態だと、ロースが約2.3倍ほどカロリーが高いです。

ただし揚げると、もともと脂身の多いロースはあまり油を吸わないのに対し、ヒレは油を吸ってしまうため、ここまでカロリーの差は出ません。15%ほどの違いになります。

参考:ヒレカツとロースカツのカロリー 15%ほどしか違わない理由

詳しい作り方はNadiaのページをチェック!!

ダイエット中にトンカツを食べ過ぎたら帳消し作戦を実行!

ダイエット中なのにトンカツをついつい食べ過ぎちゃった…

そんなときにやりたいことは、

  1. 食べたトンカツのだいたいのカロリーを知る
  2. カロリーオーバーした分を運動や食事を減らしてリカバリーする

です。

余分に食べたトンカツのカロリーが300kcalの場合(1日の摂取カロリーが1500kcalなのにトンカツのせいで1800kcalになってしまった時)は、

  1. 300kcal分次の日に食べないようにする
  2. 300kcal分運動で消費する
  3. 150kcal分次の日の食事を減らし、150kcal分運動で消費する

などの方法があります。

この方法で食べたトンカツの分が帳消しになるとは限りません。人間の体の仕組みは複雑で、一概には言えないからです。

でも、上の方法で対処によって「300kcal分を消費した」ことは事実です。食べ過ぎた分きちんと対処をした自分を褒めて、ダイエットを続けていきましょう!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

sponsored link