腹筋マシントーソローテーションの効果と使い方を徹底紹介!

筋トレ

今回は、腹筋マシン「トーソローテーション」を紹介します。ジムで見かけて気になった方は多いのではないでしょうか?

どんな効果があるのか、気になる使い方などをチェックしていきましょう!

トーソローテーションとは?鍛えられる部位

トーソローテーションとは、ジムに設置されていることも多い腹筋マシンです。

左右に回転する土台に乗り、上体はバーに捕まり、固定された上体にして、下半身をひねるというトレーニングです。この動きで鍛えられる筋肉は、腹斜筋です。

トーソローテーションの効果

マシンについている重りを調節することによって、負荷を変更することができます。

重くすればするほど、回転をさせるのに力が必要になります。つまりそれだけ腹斜筋に刺激を与えることができ、筋トレ効果を発揮します。

自重で腹斜筋にあまり刺激を当てられない方にはとてもオススメです。

ウエスト周りを斜めについている、腹斜筋を鍛えられるため、くびれを作ることに効果的なマシンです。

【動画】トーソローテーションの使い方

トーソローテーションの使い方が一目でわかる動画です!短い動画なので、チェックしてみてください◎

事前準備:パッドの位置が胸の上あたりに来るように調整する

  1. グリップをしっかり握り、胸をパッドにぴったりくっつけ、上体を固定させる
  2. 膝立ちタイプの場合、足を開いてきちんと膝立ちする
    …座るタイプのものの場合は、しっかり内ももの間にあるパッドを挟み込む
  3. 上体を動かさずに腰を片側へ回転させ、回転がゆっくりになるように力を入れて調節しながら戻していく
    …この時に腹斜筋を刺激することができます
  4. また同じ方向に腰をひねる

左右各10〜15回(自分に適した回数)×3セットを目安に行うようにしましょう。

sponsored link

トーソローテーションの重量の決め方

トーソローテーションで、トレーニングを行う際に最適な重量はどれくらいなのでしょうか?

個人差があるので、「○○kgでやれば必ず効果的!」とお伝えすることはできません。

が、適切な重量を自分で見つける方法はあります。

先ほど、「10〜15回(自分に適した回数)×3セット」を目安に行うようにしましょうと言いました。

10回程度で「限界!」と感じる重量は何kgなのか、重量を少し重そうな量から設定して試してみましょう。

上げたり下げたりして腰をひねって体感して、調整していくうちに、10回程度で限界を感じる重量をつかめてくると思います。

難しい場合は、ジムのトレーナーさんに相談してみるのもおすすめです!

トーソローテーションの注意点

トレーニング前にはストレッチを

腹斜筋は普段の動作であまり使われず、脇腹まわりが硬くなってしまっている場合があります。しっかりトレーニング効果を発揮できるよう、ストレッチでよく保kぐしてからおkなうようにしましょう。

効かない場合は反動をつけないように心がける

反動をつけずに、腹斜筋のパワーでひねって、ゆっくり刺激を与えながら、元のポジションに戻していきましょう。

そうすることで、しっかりと腹斜筋に効かせることができます。

トーソローテーションの価格帯

参考までにトーソローテーションの価格帯を紹介します。

簡素なもので16万円、ジムにあるようなしっかりしたトーソローテーションは60万円弱でした。だいたいこのあたりの価格が相場といえるでしょう。

トーソローテーションの代わりに自宅で筋トレ

トーソローテーションの代わりにおすすめのトレーニングはリバーストランクツイスト!トーソローテーションと同じく、腹斜筋を鍛えられるトレーニングです。

リバーストランクツイストのメリットは、

  • 自宅で道具不要でできること
  • 動作が簡単なので初心者にもおすすめ

の2点です。

トーソローテーションのように重さを自在に変更して負荷をかけることは難しいトレーニングですが、自重の腹斜筋トレーニングとしては正しく行えば、筋トレ効果が期待できるのでおすすめです。

トーソローテーションのまとめ

以上、腹斜筋を鍛えられるジムマシン「トーソローテーション」の筋トレ効果や使い方を紹介しました。

ジムでこのマシンを見かけたらぜひ挑戦してみてくださいね!

 ジム腹筋マシンメニュー一覧
ロータリートーソ初心者向け
アブドミナルクランチ初心者向け
ケーブルクランチ中級者向け
タイトルとURLをコピーしました