「脂肪が筋肉に変わる」は間違い!脂肪を減らして筋肉を増やしたいときの最適な方法

「脂肪が筋肉に変わる」「筋肉が脂肪に変わる」説、耳にすることがあるかと思いますが、これは本当なのでしょうか?

もしこの説が本当で、筋トレをすることで身体についていた脂肪が筋肉に変わってくれるなら、有酸素運動や食事制限をしなくても、筋トレをするだけでメリハリボディになれますよね。

また逆の場合を想像すると、運動をしていない間に脂肪が増えたとき、筋肉が脂肪に変わってしまったと大きなショックを受けますよね…。

しかし、実はこの考え方は間違いなんです。今回はその理由と、脂肪を減らして筋肉をつけるにはどうしたらいいのかご紹介します!

「脂肪は筋肉に変わる」は間違い

改めて言いますが、「脂肪は筋肉に変わる」は、間違いです。

その理由はとても単純で、脂肪は”脂質”で出来ていて、筋肉は”タンパク質やアミノ酸や水”で出来ている*ため、全くの別物だからです。

そのため、筋トレをして筋肉が鍛えられることで、筋肉とは全く別の物質の脂肪が筋肉になるということは考えられないのです。

*出典:https://inbodyusa.com/blogs/inbodyblog/56319041-does-muscle-turn-into-fat/

逆に、筋肉が脂肪に変わることもない

逆もまた同じことが言えます。

しばらく運動をせず、消費カロリーが摂取カロリーを上回る生活を続けていると、太りますよね。

このときまさに、「筋肉が脂肪に変わってしまった」と錯覚しますが、この場合もただ単純に、筋肉量が減り、脂肪が増えたというだけ。いたってシンプルです。

脂肪を減らして筋肉を増やしたいときの最適な方法

脂肪を減らすために、「消費カロリー>摂取カロリー」になるように食事制限を行っていると、筋肉が増えるために必要なエネルギーが少なく、脂肪とあわせて筋肉量も減ってしまいます。

タンパク質を適量とるバランスの良い食事

一般的に、筋肉量を増やしたくて筋トレをする場合は、体重×2gのたんぱく質摂取が望ましいとされています。

体重が50kgなら1日100gの摂取を目指しましょうということになります。

以下にどんな食べ物にどれだけタンパク質が含まれているのか記載しました。ご自身の必要摂取量から、何をどれくらい食べたらいいのか想像してみて下さい。

【主な食品のたんぱく質含有量(おおよその量)】

卵1個あたり 6g
豆腐100gあたり 6g
牛肉100gあたり 15g〜20g
鶏ささみ100gあたり 23g
豆乳100mlあたり 4g

上記の食品を組み合わせて毎日十分なタンパク質を摂取しようと思ったら、結構大変なことが想像できますよね?そのため、補助としてプロテインを飲むのがよいでしょう。

ここをしっかりクリアすることから、脂肪が少なく筋肉でキュッと引き締まったメリハリボディの第一歩を踏み出すことになります。

消費カロリー>摂取カロリーになるよう心がける

お腹の脂肪を減らしたい女性

筋肉に必要な栄養を摂取することが大切なので、上記のような食生活が出来れば、切り詰めたローカロリー生活を送る必要はありません。

ただ、くれぐれも消費カロリーより摂取カロリーをはるかに超えないように注意してください。カロリーを自分で計算するのが面倒な方は、カロリーを簡単に記録できるアプリの使用がおすすめです。

ダイエット・体重管理アプリなら【楽々カロリー】 

特に、何気なく飲んでいるタピオカドリンクやスタバの甘い飲み物には要注意です。一瞬でとんでもないカロリーを摂取していることも……

スタバをよく利用する方は、低カロリーなスタバのドリンクメニューを知っておくと便利です。

筋トレ

筋肉をつけるためには、筋トレが必要不可欠です。当たり前ですが、ごはんを食べていたら勝手につくなんてものではありません。

筋肉量を増やすために行いたいトレーニングはBIG3です。

BIG3とは、

です。

ダンベルやバーベルなどを使用し、全身をバランスよくかつ効率的に鍛えることが出来るトレーニングです。

「脂肪を減らして筋肉を増やしたい!」という想いを機に本格的にボディメイクに挑戦しようと思っている方は、ぜひジムに行ってこのトレーニング3つをマスターしていただきたいです。

しかし、筋トレ初心者の方やまだまだ筋トレに不慣れな女性にとっては、いきなりジムにいってがっつりウエイトトレーニング(重りを持つトレーニング)を行うのは、いくら本気で理想の身体になりたい!と思っていても、ハードルが高いですよね。

というわけで次は、自宅で今日から取り組めるこれだけはやっておけ!という筋トレを紹介します。

脂肪を減らして筋肉を増やしたい女性におすすめ筋トレはスクワット!

絶対やってほしいのが、先ほどのBIG3の中の1つ、スクワットです。BIG3の中でも特に有名で、「筋トレの王様」と呼ばれる種目です。

ネットで調べているとそこらじゅうで耳にする種目で、正直聞き飽きたっていう方もいらっしゃいますよね…笑

でも、スクワットがいいと聞いたことがあるのに効果が出るまで取り組んでいないのは、スクワットのメリットを本当のところ理解していないからなのではないでしょうか?

しっかりスクワットのメリットについて解説していきます。

スクワットのメリット

スクワットをしている女性

スクワットの特徴として、「下半身を中心に全身をバランスよく鍛えられる」というものがあります。

メインで鍛えられるのは、前太もも(大腿四頭筋)・裏太もも(ハムストリングス)・お尻(大殿筋)などですが、腹直筋(前面の腹筋)や腹斜筋(脇腹)の筋肉も鍛えられます。

こういった特徴から、

  • 全身の引き締めに効果的
  • 効率的に筋肉量を増やせるため基礎代謝を上げやすい

というメリットがあります。

また、そこまで難しいトレーニングではなく、正しいやり方のコツを掴めればどんな方でも簡単に取り組んでいただけます。

こうしたメリットから、スクワットは筋肉量を増やしたい女性にまずおすすめしたい種目です。

スクワットの正しいやり方をチェックして、理想のボディに着実に近づいていきましょう。

脂肪を燃やして筋肉を増やそう!

いかがでしたでしょうか?

この記事でお伝えしたかったことは、

  • 筋肉は脂肪に変わらないし、脂肪も筋肉に変わらない!
  • 筋肉量を増やすには、タンパク質を適量摂取するバランスの良い食事が必要
  • 筋トレ初心者で筋肉量を増やしたい方におすすめトレーニングはスクワット

といったところです。

筋肉と脂肪はお互いそれぞれになることは出来ないことを理解し、脂肪を減らして筋肉量を増やす努力をコツコツとしていきましょう!応援しています◎

こちらの記事も合わせて読みたい

ダイエットしたい女性必見!体脂肪を減らす筋トレはあるのか?
筋肉は脂肪より重い、そう聞いたことありませんか?筋肉が脂肪より重いのは、嘘ではありません。 だとしたら、ダイエットに筋トレは逆効果では...
【プロテイン初心者向け】筋トレ&ダイエットにおすすめプロテインと飲み方や量を知ろう
プロテインと聞けば、筋肉ムキムキで筋肉トレーニングをしっかりしている人が飲むものとイメージする人も多いでしょう。 そもそもプロテインと...
SNSで大流行の足パカは本当にダイエットに効果的なのか?
TwitterなどのSNSで大流行した「足パカ」。実際のところ、ダイエットに効果的なのでしょうか? SNSでは、影響力のある人の情報が...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

sponsored link